2013年12月27日

ズレた感覚と包丁傷

寒くなりましたねえ。
早朝の築地市場を歩いている連中の吐く息なんぞはアナタ、まるでゴジラが放射能光線を発射してるようなアリサマになっておりますよ(笑)

2013年も残すところ僅か数日。皆様は今年なにか良い事がありましたでしょうか。

こんな生き辛い日本の社会ですから、ほんの僅かでもアナタに幸せな瞬間があったとしたら、同胞としてとても嬉しく思います。

本当に日本は情があって根の優しい人が多い珍しい国なんです。残念ながら今はそれが全部裏目裏目に出ちゃうし、良さが「悪いこと」だとさえ思われてしまう時代になっちまった。

ですから傷ついていると思うんです。根の優しい人達の心がね。
「そうじゃない」と思っては泥をかぶり、「今度こそ」はと信じては裏切られ、優しさがアダになって返ってくる現実にいつしか心がカサブタになっている。

そんな日本人達にね、少しだけでもいいから「心の呪縛が溶けてしまう瞬間」が訪れてくれたなら、同じ日本人としてやっぱり嬉しいもんなんです。




ついこないだね、料理の仲間と久しぶりに明け方まで飲み交わしました。相手が発したふとした質問で話が長くなってしまったのです。

「鳴り物入りで再出発したアノ”料理の鉄人”が、あっという間に終了した原因は何だと思いますか?」

これはね、もちろんテレビ局がアホだからなんですが、彼が知りたいのはもっと本質的な原因だとすぐに分かったんです。

そこでおいらも「本質的な答」を返したんです。

「20世紀の終わり頃にさ、日本に天才たちが続出したのを憶えているかい?」

「安室奈美恵、宇多田ヒカル、これは真性の天才だね」「ミスチル、浜崎あゆみ、持田香織、カリスマ達が一杯出た」

「特に宇多田、浜崎、安室は凄いんだが、面白いのは21世紀の日本が彼女たちを受け入れられなかった事だよ」

「はっきり言えるのは彼女たちの才能は”摘み取られてしまった”ということだろう」

「彼女たちが”最後の昭和世代”なのも面白い」
「ピークが2001年頃なのも興味深い」


「皆が”新しい才能”を待ち焦がれている」
「でも飛び抜けたモノはすぐにスポイルしてしまう」
「スポイルというか、平準化してしまうんだね」

「言っている意味が分かる?」
「道場六三郎は育たないってことさ」
「特に平成時代には育たないんだよ」

「底の知れないバカと言うか、道場先生に水戸黄門の格好をさせてしまうマスコミ人」

「無理やりにでも偉人を”普通の人”にしようとする」
「誰もが本音では普通の人など観たくないのに」
「普通のマネが出来ない人は自動的に排除する」
「そこまでして安心感を得ようとする平成時代」


「演出ではない、昭和の修羅場で鍛えられた筋金入りの本物の道場六三郎が観たいのであって、ドギツイみえみえの演出など誰も観たくはない」

「だからといって、バラエティ慣れした脳は自分たちと違いすぎる本物への受容体が喪失しているので、真面目な事象は受け入れることができない」

「終了するのが当然ということなのさ」
「幸いだったよ。アレが続いていれば才能のある料理人が何名も犠牲になっていた筈だからね」

「祭りあげて、引きずり下ろす、だ」

「まぁ安室や宇多田の歌声よりもね、AKBのミニスカの方が好きなんだなこの国は」



こんな事を書きながら、つくづくおいらは今の時代から浮いているなぁと思います。もう完全にズレてますな(笑)
おいらににゃね、さっぱり分からんのですよ、昨今の「流行」やらいうモンが。

「アマちゃん」ですか、あまりにも周囲がウワサしてるんで数回観てみたんですが、何がどう面白いのかゼンゼン分かりませんでした。
あの女の子は目がキラキラして可愛いですけどね、ドラマとしては意味不明。

「半沢・・」なんぞも問題外。役者には悪いがどう見ても「普通の男」でしかなく、感情移入はムリ。

「いつやるの 今でしょ」
いつになっても誰も何もやらないくせに、アホか(笑)

「お・も・て・な・し」
はいはい、そうでしょうとも(笑)



笑ってる場合ではなく、身体機能まで少しズレて来たようです。先だって腕を包丁でバッサリやってしまいました。

久々に「みせ包丁」をやり、尺二(36cm刃)の包丁をクルクルと振り回したところ、小指が絡んで受け損ね二の腕に刃先がズブリ。

こんな怪我をしたのは生まれて初めてです。
仕事中に包丁で指や掌を切るのは若い時の日常でしたが、腕を切るなんてヘマはあり得ない。

「そろそろ完全に引いて、指導に専念するか」
今年はずっとそれを考え続けました。

それでね、やっぱ死ぬまで現役を続けることにしました。包丁修行をやり直し、死ぬまで練習します(笑)


ともかく、今年も終わりです。
来年こそは「ギラギラ光る真っ直ぐな目」を持った日本の若い衆が出てくることを願って、年を越したいと思っております。出てこなかったら、海外で探すとします。


どうぞ良いお年を。


posted by 魚山人 at 01:22 | Comment(28) | TrackBack(0) | 手前 板前 男前 | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

こんにちは。
お疲れ様です。

今年もありがとうございました。
沢山勉強させていただきました。

来年もお側をうろつきます。
よろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。
 
Posted by 月下 at 2013年12月27日 13:18
新年開け魔しておめでとうゴザイマス。。。。

2014年はお疲れさまでございました父ちゃん


今年はスキーの雪山じゃなくして

海のある南半球に来ちょります

毎日海に潜り、、、

魚サンに咬み付いたりして。。。。。

ガウっ U^(エ)^U

にゃははははははははわんわんわん 




《ズレ》 そうじゃないと思う

父ちゃんがズレてるワケじゃないよ

面白くないし不自然なのは 事実 なの。。。


1990年代の中頃にね

アメリカのエンタメが危機に瀕したことがあった

『JUMANJI』という映画なんかがその代表

霧のように薄いテーマ−

小学生の作文のような脚本

サルバドール・ダリの演出

アンディ・ウォーホルのカット割り

分裂病患者のストーリー展開

そして

素粒子レベルに分解した物質をば、、、、

ピンセットで再構成したかのような編集。。。

あまりにも支離滅裂すぎて、、、、、

10歳以上の人類には感情移入不可能。。

こんなB級に製作費を出してしまうという

いくらSFに無知なスポンサーだとしてもアンマリ。。


でもさ 必ず 反動 が起きるわけ

スピルバーグの代わりにJ.J. Abramsが出てくるし

キャメロンがドンとアバターを製作するし

ジャック・バウアーが、、、

テロリストを撃ち殺しながら国家の監視を暴露


エンタメが死んでないわけでするな

そして、、、、ニホンは死んでいるの

新陳代謝がないから何でもスグ死ぬわけね 

それだけ。。。。。。


ほいじゃ、、、、、

みなさまも良いお正月を迎えてくださいネ〜

わんわん。。。。。。。。。。。。



Posted by マル子 at 2013年12月27日 15:00
魚山人様、各ブログ関係者の皆さま。

今年も大変勉強させて頂きましたことを感謝いたします。

来年は人として日本人として良い年になりますよう心から願います。

お忙しいとは存じますが、何卒お体とご家族様にご慈愛下さいませ。

迎える年が皆さまにとって良い年でありますように。

関西より失礼いたしました。
Posted by はなふさ at 2013年12月27日 18:29
月下さん

今年はありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。
新年も宜しくお願い致します。




マルちゃん

サンゴ礁の海に潜って魚に咬みつくイヌなんて聞いたことがないが;・・・・ま、マルちゃんなら何でもアリか(笑)
どうせ、「辺野古の海に潜って反物質爆弾」をセットしてるとか、地主をナニして横取りし、利権の確定に祝杯をあげてるとか、そういうオチだろ?^_^;)
海兵隊がいつまでも沖縄にいる筈もないのに、そこら辺の話はまったく出てこないワケで・・・骨の髄まで「利権だけ」の腐った国。ここまでくると笑うしかない。


またトルコとかヨルダンあたりに行ってるんじゃないかと心配してたけど、南洋なら安心だ(おいらを騙してる恐れもあるが・・)
年が明けたら戻って来てくれると信じているよ。
みんな待ってるんだから忘れないでおくれ。





はなふささん

どうもありがとうございます。
今年も要所要所で的確なコメントを頂きました。
重ねて感謝致します。

重要な大問題が今目の前にあると知っていながら、テレビは朝から晩までどうでもいい芸能人ネタやバカなお笑い番組の連続。

でもね、「浮つきにも限度がある」です。
来年、再来年と、「揺り戻し」が始まるであろうという気がしております。なぜなら我が国の人々はそれほどまでに頭が悪いとは思えないからですよ。

まずは情報の取捨選択ができるようになって欲しい。
できない筈はない。そう信じています。


Posted by 魚山人 at 2013年12月27日 19:01

早いモンすね。もう「よいお年を」ッスか。お疲れさまでした。爺♪

で!何?
バッサリ!?
左腕 落ちたの?(笑)

珍しいね-。爺が今現在の失敗談語るなんて…やっぱ年取ると丸くなんだな。…((((;゜Д゜)))コワイ。


あ" 右腕か。(笑)


「本物への受容体が喪失している」
↑↑俺が こんなこと書くと
ブチ切れるくせに…(笑)

でもなんだな。
爺が 安室や持田 あゆ ミスチル
宇多田なんてのを 天才呼ばわりするとゎおもわなんざ。

少し驚いている。

今でこそ 上手くなったのかもしれんが デビュー当初ゎ宇多田を除き… 。

そのなんだ プロデューサーとやら?の 力って 凄く感じるね。
六三郎サンもそう。

結局 ジャニーズと変わりなし。

ジャニーズのタレントが けつまくると
当然干されます。結果 「そのタレントを使用するなら うちのタレントゎ出しません。おたくにゎ。」←と。この構図。


利権利権利権。


クリステルが言った
お・も・て・な・し

正直 イラッっとしたね。
「思いやり」と間違えてんぢゃね?とね。

今現在 おもてなしの裏側にゎ必ずや利益なるものが存在する。

下手すりゃその利益…倍返しかも(笑)

「無償の愛」。この糞blogに存在するモンだよ。
それって 思いやりダロが。
利益ゎ人の気持ち。
そして 愛するからこそ厳しく
堕落したモンゎ容赦しない。のが
「思いやり」だと思う。

確かに…爺の言う通り
そんな輩が 思いやり損してんのかもね。でも爺。
爺ゎ「浮いている」と語るが
いやいや。ちっとも浮いてなんてねぇよ。

むしろ 心地良い。

相変わらず長いな俺m(__)m



そうそう!
Ps:←とでもして書くよ。
今年の暮れ そう。最近。
パトカーに追われた暴走逃走犯に当て逃げされました。犯人ゎ未成年。
俺マヂ死ぬかと思うほどの暴走ぶり。
車の所有者が昨日吐き
犯人ゎ結局その所有者。

最悪な一年の最後を迎えました。

怪我人ゎ無しなんすが3台が巻き込まれる騒ぎ。

これから示談にはいるんすが
このガキ… こらしめてヤル。

人をひかなかったのが奇跡的な
暴走。

元走り屋の俺も 理解不能な運転ぶり。

それが 思いやりだ。


爺。怪我大丈夫なの?
あんま無茶ゎすんなよな。

でも生涯練習なんだろ?
安心したよ。

どうせ そんな生き方しか出来ねぇくせによ。

ギラギラした目付きの子…目の前に一人いるが どうやら料理に興味なしみたいだ。残念でならねぇ…



2号だが。(笑)


もう何年間世話になってんだか忘れたが 爺。毎年毎年 感謝しきれねぇよ。
平成25年。とっても お世話になりました。
また、来年もよろしくお願いいたします。

でもさ-
小肌が馬鹿みたいな値段で
5日間連続入荷無し。
あっても腹が割れてるのが
キロ\5000?
東京。凄いね♪

歌姫なんすが
「越智志帆チャン」爺。聞いてくれよ。
平成の世にも存在しますから!
AKBのミニスカより素晴らしい歌声。

サイケデリックでロックな
ポップス♪

現代人…AKBが好き←なんぢゃねぇと思う。ただ「楽」なんだろう。

はっきりいって現実逃避さ。

「向き合えない」んだよ。

そのヒントゎ爺が さんざっぱら書いてんすが 。


鯔次郎ゎ神も仏も信用しない
ひどく現代的なおとこである。

平成14年度も世話になりますよ。
爺。

あれ?
マルッポによると 変わらないのかな
来年も(笑)


確か平成14年も お疲れさま←と。

急がば回れ。
諺ゎ嘘をつかない。

さてと
嫁サン 抱っこして眠るよ。
もう今年ゎ予約でいっぱいだから
また明日も早いんでm(__)m

Posted by 鯔次郎 at 2013年12月28日 02:40
今日の記事、「5人の落語家が語る ザ・前座修行」の柳家小三治師の章を思い出しながら拝読。
わたくしもドラマを見ませんので、今年の流行語も話題もさっぱりついていけません。しかし困ったことにラジオまで「今年話題の」とテレビの話になります。
当方はなんとか年を越せそうな、ようやっとの有様で雑事に追われ、日常のままだらしなく新春となりそうですが、こちらで拝読した包丁とまな板の手入れの記事に曲がりに曲がった根性と背筋が多少しゃんとした気がいたしました。感謝。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
Posted by たえこ at 2013年12月28日 07:16


たえこさん

コメントをありがとうございます。
包丁・まな板の手入れは首尾良くいきましたでしょうか(^_^
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。


Posted by 魚山人 at 2013年12月28日 12:03



1997〜2002年の音楽シーン

気になったのでアプリ使って調べてみた。。。


いまさら(今だから?)ながら驚きましたヨ〜

ちょっと異常なくらい「イケてる」(←)

凄いね。。。。。

50年代から追ってみてもこの時期は特殊でする


個々のミュージシャン挙ても意味ないケド、、、

ミスチル ラルク グレイ その他 彼らの絶頂期ダシ


詳しく見ると

背後に60〜70年代のプロデューサーの影

面白い。。。。。


それが21世紀突入数年後に失速

「ミリオンなんて夢」という暗黒時代へ

「ネットの普及」「嗜好の多様化」

そんな理屈だけじゃ納得できないほどの急変

ココ追求すると何かが出てきそう・・・・




正月には帰国しますのでご心配めさるな

ワシも靖国神社に参拝しないとね(`・(エ)・´)

極右の父ちゃんにサムライの格好させてからに

ワシは特攻服に日本刀で参拝いたす(=`ェ´=)

みちみち非国民をば見つけたら、、、

ワシの一刀流で切り捨て成敗じゃ

いまにみておれ 
      アジアの病人と鬼畜米英ども。。。

今度こそ世界イチの民族であるワシらの勝利

我が大和民族を中心にした世界秩序の到来

日章旗を世界の旗にしてくれるぞい。。。。。

わははははははははははははははははははは



Posted by マル子 at 2013年12月28日 15:37
魚山人様

>受け損ね二の腕に刃先がズブリ。

それは痛そう。
弘法にも筆の誤りでしょうか。

>それでね、やっぱ死ぬまで現役を続けることにしました。
>包丁修行をやり直し、死ぬまで練習します(笑)

そうゆうの、いいですね。
何かの道で極めている人が羨ましいです。
 
私もそうですが、世の中、自分が何者なのか分からずに
悩んでいる人ばっかりですよ。


仕事柄、世界で求められている Made in Japan について
調べることは多いのですが、Japanese car はさることながら
私の中ではいまだに Made in Japan の頂点は
Japanese sword / 日本刀です。

今では中国が世界の工場となっていますが、
物づくりの技術としては日本が未だに世界一だと言いたい。

歴史的背景、精神性、いろんな意味で
日本の刃物って知れば知るほど凄いですね。
もっと勉強したくなります。
何かしらビジネスにつなげたいと考えたこともありましたが
奥深く手ごわすぎて・・・トホホ。
安易な気持ちで手を出しちゃいけないような。

日本刀に対する海外からの憧れっていうのも半端ないですね。
日本人よりも外国の人のほうが Japanese sword には
強い憧憬があるように見受けられます。(これも変な話です)


日本刀が日常の中で活躍することは、現代ではもうない。
じゃあ何が日本刀の血を受け継いでいるのか?
って考えたら、やっぱり包丁ですね。

私なんて、まだまだ包丁は使いこなせていませんが、
こんなシンプルで、こんなに奥が深い道具も
なかなか他にないなぁと。


年末年始はご多忙でしょうが、
くれぐれもお体にはご自愛ください。
よいお年を・・・☆




特攻侍のマル子さん

>みちみち非国民をば見つけたら、、、
>ワシの一刀流で切り捨て成敗じゃ

ぜひぜひ。お願いします。

私も極右なのかな?

ネトウヨとか、極右とか、よく耳にするけど
調べても何が何だか分りません。

正月はご帰国とのこと。
美味しい和食をご堪能くださいね。

また来年も、よろしくお願いします。
Posted by ゆき at 2013年12月28日 19:08
マルちゃん(笑)

そうやって北朝鮮的愛国心で良い気分になっているのもいいが、その影に隠れて官僚や権力者どもが国を腐らせてしまい、再び国土をメチャクチャにしてしまうよ。先にそういう連中をぶった斬って欲しいもんだ。




ゆきさん

刀剣は日本国の成り立ちに深い関係があります。
そのうち記事に書こうと思っているんですが、ほんの少し魚山人風妄想話をしましょう。

日本の神話時代が語られる場所の多くが中国地方。殊に出雲地方の出てくる頻度が高いです。島根県周辺ですな。有名なスサノオ命のヤマタノオロチ退治も島根の肥の河上流でのお話です。

スサノオがアシナズチの娘である美しいクシナダヒメを八俣大蛇から救うためにオロチを酒で酔わせ、「十拳剣(とつかのつるぎ)」で退治。

オロチの尾を切り裂いてみると、その中から「草薙の剣」が出てきます。
この草薙の剣(草那芸剣)をスサノオは姉のアマテラス大御神に献上し、三種の神器の一つに。

古墳時代の銅剣の大半が島根県で発掘されていますが、「剣」は神話の時代からこの地方と深い関係があったと思われます。

国を産んだイザナキ・イザナミの子である(イザナキの体から生まれた)、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの三神。

面白いのは日の女神アマテラスと弟のスサノオの関係です。スサノオは荒神という設定で、荒い性格のせいで姉との関係に亀裂が入り、姉は何故か弟が「謀反の心」を持っていると疑心暗鬼になる。

それで「誓約(うけい)」という占いみたいなモンで白黒をつけようとするが、それでもイザコザは消えることはなく、結局アマテラスがトンズラしてしまう。
「天の岩屋戸騒動」ですな。

アマテラスは卑弥呼であり、スサノオはその弟。
自然に考えてそうとしか思えません。

この時代の正確な記録がまるでありませんので、未だに邪馬台国がどこかさえも分かってませんけども、日本が統一(あるいは侵略)されていく動乱の中心にアマテラスやスサノオの物語があると思っています。


鉄器は弥生時代に稲作と一緒に渡来した技術だとされます。もしかしたら徐福が伝えたのかも知れません。

稲作が大規模集落化を加速させ、やがてクニが各地に誕生し、鉄器によってクニ同士の戦争が起き始める。長い空白の後、「ヤマト」のクニが力を付けていて支配を進めている。

この空白期は、中国などの歴史書にほんの僅か記述されている以外は、神話のような「記紀」にしか記録されていないのですが、その記紀は何故だか出雲(島根)のことばかり出てくるんですね。
天皇家の記録であれば、近畿ヤマト地方の話ばかり出てきてもよさそうですが、それはない。


「鉄資源をめぐる戦いがあった」
自分はそう思います。
「鉄を制する者が支配者になる」ですな。

島根を舞台にした妙ちくりんな神話の数々はね、「鉄」をめぐる諍いや陣取りや陰謀などであったと解釈すると、日本書紀や古事記が面白い程分かって来ます。
とくに先ほどのオロチ退治。
「十拳剣」に鋭い切れ味の「草薙の剣」


時代は変わり、足利家の室町時代。
この時代世界最大の帝国であった大明国にて、垂涎の的であったのは「日本の刀」です。

大量の永楽銭(銅銭)が日本に流失してしまってもかまわない程、当時の世界最先端の国の人々は日本の刀剣を欲しがったのです。

この時期、記録にあるだけで実に20万本とも云われる日本刀が明に輸出されています。

つまり日本の鍛鉄の技、玉鋼と踏鞴、それらの技術が「世界最先端」であり、日本は世界一の刀剣製造国かつ武器輸出国だったのです。

これだけの技術が「突然天から降ってきた」とは考えられず、長い長い歴史を経て完成したのではないでしょうか。

卑弥呼たち(原住民)と天つ神たちが天下分け目の戦争になり、おそらくは原住民が敗北した弥生から前期古墳時代。原住民である縄文系は追われ、日本は統一されたのでしょう。

この大戦争の勝敗を分けたのは、どちらが出雲(島根)を押さえたかでしょうね。鉄とそして刀の技術を掌握した方が日本の支配者になったのです。


島根は現在でも刃物のメッカ。
和包丁の原料である安来鋼はここで作られています。


Posted by 魚山人 at 2013年12月28日 22:03
魚山人さん

島根って、まだ行ったことないのですが、
不思議と特別な気がしていました。出雲。

まだ勉強不足ですが日本の神話って面白いですよね。

イザナギとイザナミ。国造り神話。

「私の体には成り成りて成り余る所がある。
私の成り余る所をそなたの成り合わぬ所にさし塞いで国を生みましょう」

究極の恋愛物語だと思うのです。


>「鉄を制する者が支配者になる」ですな。

鉄なんですね。

現在の日本は資源のない国といわれているけど
実は資源大国だったのかなぁなんて思ってます。

島根の石見銀山もそうだし。

実は日本はゴールデンジパングっていわれていたのに。
資源がないなんて、そんなことないと思います。
現在、海底にも、ガスは眠っているし。

それにしても、たたらって、すごい良い響き。

ちょうど、今日、雲州刃物っていうのを知りました。

忘年会で飲みすぎてしまいました。
おやすみなさいませ。


Posted by ゆき at 2013年12月29日 00:42
魚山人様
始めまして、慶太郎と申します。29才の日本人です。
いつも読むばかりでお礼の一言も入れず、申し訳ありません。
僕はアメリカに10年あまり住んでおりますが、この度日本に帰って、世界と闘うことのできるチャンスをいただきました。
僕はやはり日本人でありますから、もうそろそろ帰って日本に貢献したいなと思っていた矢先でした。
色々思うことはありますが、これ以上ないタイミングだと思っています。
僕はちょうど魚山人様のご指摘の年代を思春期として過ごした一人です。
そのあとアメリカに来て、好きなようにやらせていただいたので、今度は恩返しする番かな、と。
帰ってまずやりたいことは、出刃、柳、薄刃の三本の包丁を揃えること、鰹節削り器を買うことです。
魚山人様の記事の影響でグローバルのスライサーG3を購入し、1年あまり研ぎを勉強してきました。
未熟ではありますが、だいぶこいつに教えられました。
ご安心ください、まだまだ日本は死なせません。
いつも勉強させていただいている御礼と、勝手な決意表明のために今回は書かせていただきました。
駄文、大変失礼いたしました。
年末のご多忙で厳しい寒さの中、どうかお身体ご自愛くださいませ。
Posted by 慶太郎 at 2013年12月29日 04:56
魚山人様

神話と鉄についての貴重なお話を有難うございます。

昨晩は酩酊状態でコメントしていたので
安直なことを書いていると思います。
目が覚めてから何度もいただいたコメントを読み返しました。

>鉄とそして刀の技術を掌握した方が日本の支配者になったのです。

鉄と刀。やはり日本刀なのかぁ。


>「鉄資源をめぐる戦いがあった」
>自分はそう思います。
>「鉄を制する者が支配者になる」ですな。

国境を越えた資源争奪戦という観点で
金銀の国外流出に目を向けておリましたが

鉄についても何かありそうですね。

鉄ってところに目を向けていませんでしたが
もっと知りたくなりました。

それにしても、日本は過去の不平等条約でどれほど
大切なものを失ってきたのか?計り知れないはずなのに。
現在も今なお反省することなく、同じことを繰り返している。
情けなくなりますね。

上に立つ人たちは歴史は学んでいるのでしょうか?
謎です。

>これだけの技術が「突然天から降ってきた」とは考えられず、
>長い長い歴史を経て完成したのではないでしょうか。

考えるだけでも胸が躍ります。

神話と日本刀。草薙の剣のこと。などなど。
もう少し調べてみます。

Posted by ゆき at 2013年12月29日 09:22
ゆきさん

いやそれはソノ、アノですな(~_~;ゞ
そんな大胆な、アナタ(汗)

>究極の恋愛物語
確かにそうではあるんですが・・・・
古事記を子供に教える時に、いちばんやっかいなのはソコでして。その記述がアチコチで頻出するので困るんですよ(笑)

「成り・・」を現代語に訳せば「男性と女性のナニ」であって、他の何かに置き換えるのが難しい。

妊娠の結果のみを機械的に教える性教育も少しオカシイものですが、いきなりナニでナニをナニするアレのシーンを単刀直入の教えるのはそれ以上に難しいです。

古代は「ほと」にまつわる言葉がアケスケに健康的に使わていますね。箸でほとを刺して死んだとか、魚貝やモノの名前とか・・・キリがありません。
なんでも隠したり放送禁止にする「病的な現代社会」では用語が難しいもんですなぁ。

ま、それはそれとしまして(^_^;)

イザナキとナニしたイザナミが、最初に淡路島と四国を生む前に、「水蛭子」と「淡島」という出来損ないを生んでいるのですが、その二つがとても気になります。
記紀は、非現実的なタッチで誤魔化しながら、実は戦乱の内情を詳細に書いている歴史書だと思っておりますので。

Posted by 魚山人 at 2013年12月29日 11:21
慶太郎さん

どうもありがとうございます。
二重の意味で感謝致します。
日本を憂う日本人として、そして海外に行ったきり戻ってこないイヌ娘の親として。さすがのマル子もあなたのコメに何かを感じざるを得ないでしょう。

日本は今非常に危険な領域に突入しつつあるんですが、その危険性を回避する努力をするどころか、現実から目をそむける様に「五輪だ」「経済成長だ」と浮かれるばかり。

韓国や中国とのイザコザがね、「一部の人々が騒ぐ」レベルであればそれほど心配することもありませんが、この2年くらいで次の段階に入ってしまいました。

次の段階とは「一般国民の”感情”」です。
感情的になるのは非常に危険なことで、元に戻すことが出来なくなる可能性が高い。

村上春樹が的確に表現しています。
「安酒を飲んで酔っ払っている状態」
「安酒の酔いは激しい二日酔いを残すだけ」

安酒であっても、ドラッグであったにしろ、現実から逃避し冷静な判断ができなくなるのは同じこと。
二日酔いの頭痛程度で済めばいいが、「人を呪わば穴二つ」。憎しみが加速すれば人の血、命が消えることでしか解決出来なくなります。

一国の問題ではなく、三カ国がそれぞれ相互に酔い始めている状態で、冷静な勢力がいつまで健在でいられるか分からない。

なぜなら、酔いを加速させようとする勢力が存在するからです。それも「内部」と「外部」に存在し、挟み撃ちにされ、背中を押されているからです。

国内の政治は世界の中での日本の立ち位置というものがまるで理解できず、それ以前に自らが襟を正して国益の為に働こうという気持ちが無い。
私的な欲望を外部の勢力に利用されていることにさえも気がつかない。

官、司法、政治が国民の幸せを考えることが出来なくなっているのです。結果として最終的に犠牲になるのは国民になってしまう。

まさに「内憂外患」
肝心のマスコミに、この問題を解決に導こうとする姿勢がまるでなく、その逆にしかなっていない。

今の中国・韓国のナショナリズムは本物ではなく、階層化で不満を持つ市民が増えただけのこと。

同じく日本の右傾化も本物でありません。
たんに日常の暮らしや人生そのものに不満を持つ層が増加しているだけのことです。

不満を間違った方向に向け「させられている」だけなんですね。

酔ってなければ、「自分の国を良くしよう」と正常に反応するでしょうが、悪い酒を飲ませる連中がおり、じりじりと「酔っぱらい」になろうとしている。

人の大多数は酔うと攻撃的になる。
「自分の不幸は他人のせい」
そういう考え方しかできなくなるのです。

本物のナショナリズム、本当の右傾であれば、「自分の国を良くしたい」という考え方をする筈。


この流れを正常化するのは難しい。
しかし正常化しなきゃいかんのですよ。

「子供たちが存在している」からです。

年寄り達はどうなろうがもういい。
ある意味自業自得ですからね。

日本の年配者にはもう説得する力がない。
信頼性がないんですよ。
こんな国にしてしまった張本人なので。

原発のカネに目がくらみ、バンザイしておいて、
いざ放射能事故が起きれば被害者ヅラ。
それは通らない。


ですから、「昭和の責任がない」あなた方が大事になるんです。日本の子供たちを救えるのはあなた方だけなんですよ。

あなた方が思想とするべきはね、
・第一に日本に住む国民が幸せになること
・第二に自分の国が幸せであることを誇りにできること

それに尽きると思います。
世界一の経済大国を目指しても、国民が不幸であれば意味が無いということを、理論的に教えられるようにならなきゃいけません。

目に力を持ったまま、頑張ってください。
目が死に始めたと思ったら、またアメリカに戻り、眼力を養ってきて頂きたい。



Posted by 魚山人 at 2013年12月29日 11:21
魚山人様

お忙しい中、貴重なお時間を割いて返信いただき、大変感謝いたします。
僕が感じている不安や違和感を言葉にしていただけて勉強になりました。
戦後の呪縛から逃れられない日本、これは僕らが変えていくしかないのだな、とも思っています。
政治というやつにうんざりしますが、それでも関心を持ち続けなければいけない、とも。
ご先祖様たちが愛し、憂いた日本国を誇りに思っています。
こんなに本来優しくて、自然を大切にする民族はほかにないと思います。
もっとたくさんの人が誇りを持ってほしいです。
国家を誇らしく歌わない国民なんてどこかおかしいです。日本だけですよね?
僕は難しいことはよくわからないですが、せめて自分の子供には日本の良さを伝えられるようでありたいです。
この度は本当にありがとうございました。
これからも毎日読ませていただきます。
よいお年をお迎えくださいませ。
Posted by 慶太郎 at 2013年12月29日 13:40


う〜む。。。。。

ちょっとしつこい鴨だケドさ

ハルキと言えば

確か短編連作の『地震の後で』を発表したのが

ちょうど1999年だったかと.........

「かえるくん、東京を救う」とかね。。。。


ハルキ作品ちゅうのはヒトの潜在意識から「自覚していない不安」を表層に引っ張り出してくる特徴があって、、、、、、そこが現代を生きる先進国の住民に支持を受ける理由なのね。。。

説明できない不安によって読者は自分がニューロチックになって行くことができるワケで
よするに、、
変形したナルシシズムに酔うという仕組み。。


ハルキは長編作家なのだけど例外的に『地震の後で』にはこの特徴が色濃いワケ。。。

ワシはコレを
20世紀へのハルキ流《決別》だと思ってます。。。。

ナニモノかがハルキに《酔いから覚めるべきである》と思わせたと推測でき、、、
それはオソラク日本国土の脆さへの驚愕かと。。


20世紀末から21世紀初頭に起きたのは

【世界の基盤が液状化してきた】とゆ事象

今までは形而上というか精神世界・空想文学の中で弄べていた《大地の消失》がね、、、、、
現実側に来てしまった。。。と いう。。。。


それは【精神世界の喪失】でもあり

ゆえに

精神活動の一種である音楽シーンも斜陽し氷河期に


現実側に圧し出された人々は思考を停止

眼前で導くものは偏狭ナショナリズムなのであった





アベちんの靖国参拝

明治新政府の正当性を顕示する目的
それで江戸の真ん中にドンとできた【靖国】

先祖代々江戸っ子としてのワシが単純に感じることはね

【なんで兵隊だけなの?】と。。。

国に洗脳されて竹槍で武装し、、、空襲で虫けらみたいに焼き殺された数十万の一般人は?

大本営に無理やり右翼にされて《お国のために死ね》と、、、んで本当に死んでしまった国民たちはドコに祀られているワケ?


安倍;「国ために犠牲になった尊い御霊が・・・」

国のせいで犠牲になったのは兵隊だけなの?

バカの軍隊(兵隊)が戦争さえしなきゃ
死なないで済んだハズの国民は尊くないと?

東京のど真ん中にドンと存在するべきなのはさ
【無理やり犠牲にされた国民の墓地】であるべきじゃないの?


靖国にいる兵隊さんたちも含めて死ななくてもよかった数百万のヒトタチがね

《なんで死ななきゃいけなかったのか》
《誰のせいで死んだのか》

ソコを徹底すべきなのに、、、、

「あの戦争は間違っていなかった」
だの
「じつは日本は正しかった」
だの
「いつまでも自虐史観だとダメになる」
とか
日本人の半分くらいが
そう感じ始めてる現状ちゅのはどうなの?

なにが自虐史観だ ちゅーのよ

中国・韓国がウルサイなら
正々堂々と反論できるでしょうが。。。

陰では姑息にウヨを煽り
表舞台では何も反論できず。。。

反論できないのは《けじめ》がないからです。。

1億玉砕とか言って
国民を全滅させようとした気違い達
その多くが責任をとらないまま戦後を生き延び
昭和の日本を裏からコントロール

その1人である妖怪が首相になり、、、、
その孫が21世紀にまた首相をやり、、、、
その首相に国民が拍手喝采しているという。。。

このモヤモヤさ加減。。。。。。。。。。

あまりにも客観性とか透明性がなさすぎ。。。


「ウルサイのは中韓だけ」ちゅウヨの理屈

たしかに中韓はウザいし国政レベルも狂ってる

でもさ「日本の姿勢は正しい」と本気で思っている国なんてゼロでござるよ。。。

あのね 
日本はアノ戦争で「ナチスの仲間」だったの。。
ソコ忘れてない?

「大東亜戦争が正しく」
「大日本帝国の兵隊は美しかった」

空襲や原爆で焼け死んだ一般人はなおざり
なのに
兵隊だけは美化

そういうナルシになってる国民の国をさ

どこの国が理解できるちゅうのよ?



あの時きっちりとケジメをつけて、、、、

ドイツ並に「誰でも分かるように」戦犯を断罪

「本当の犠牲者」を
《心から》、、《国をあげて》追悼し

戦争に関係してない者達で新しい国を建設

それができていたらば、、、、、

21世紀の今

アメリカに匹敵するほどの優秀な国軍を持ち

中国なんかにビビる必要などない

真性の一級国になっていたハズです。。。。

後暗いトコロは全部精算してればこそ

再軍備をしてもアジア各国も心配しない

フランスがドイツの再軍備を認めたように。。

「悪いところは悪い」
「だから全部膿を出しました」

そんな隣国であったなら

韓国だって尊敬の念を抱く国になってる

当然「ハンニチ」なんてしないからね。。。


堂々たるアジアのリーダーとして、、、

アメリカやユーロと渡り合っている。。

それだけの能力を持っている国だから日本。。。

そうならなかったのは、、、、

ひとえに「けじめのなさ」ゆえでする。。。。

責任逃れがもうDNAレベルだからでする。。。





ワシが今想うことは、、、

麻生さんが次の総理になれば良いと。。。

フロイトのエロスとタナトス(ちょ古いケド)ではありませんけど

【自己破壊衝動】【自殺願望】【不安神経症】

コレは日本人の持病です

コレを加速させたほうがいいと思うのね

つまり、、、、、

激しく右傾化を続け、、、、、、、、、、、

孤立化を深めて、、、、、、、、、、、、、、、、

また戦争に向かえば良いと。。。。。。。。。。。。




Posted by マル子 at 2013年12月30日 16:07
コメントではなく、魚山人様、マル子様、鯔様、他魚山人様の良くも悪くもファンの皆様へのご挨拶ですので、ご了承ください。

今年も皆様の深い投稿に考えさせられた一年でした。

自分も国家の大局的な事、ここ福島の身近な問題にも悩んできたような気がします。

そんな大事な時に自分は体調を崩し、手術などを受けて弱気になったり、情けない・・

気持ちは学生時代の箱根を走ってる自分が居るのですが、体はそうはいかないようで><

はてさて、これからの日本、そして福島の行く末をどこまで見届けられるか・・

いや、マル子様の言われるようになるのなら見ない方がいいか・・・

皆様、私のような弱気になってはいけませんぞ、やらなきゃ何も動きません、まずはやってみることです。

魚山人様が何故このブログを続けているか・・・読者の方は分かってますよね??

では、皆様、良いお年をお迎えください。

Posted by ナオ at 2013年12月30日 19:26
鯔さん

今年も一年お疲れ様。
来年が鯔一家にとって良い年でありますように。
よい正月を。



ゆきさん

それにしても、女性が日本刀とか包丁にそこまで興味をお持ちとはお珍しいことですな。
それでは、良いお年を。



慶太郎さん

誇るべきものはあります。
しかし今はそれがすべてミスリードされている状態。
今の日本はね、
「ずる賢い人だけが得して楽をでき、真面目な人は損をして不幸になっていく」
そういう国になっています。

これでは何をしても衰退は避けられない。
アベノミクスか何か知らないが、小手先で細工しても衰退の歯止めにはなりません。

言わんとする事は分かるはずです。
どうか頑張って頂きたい。




マルちゃん

>空襲や原爆で焼け死んだ一般人はなおざり
>兵隊だけは美化

おいらの死んだ祖母達もね、日本政府のやり方を生涯毛嫌していたよ。

せめて焼け死んだ家族の骨のカケラでも欲しいと国やアメリカ占領軍に懇願しても、完全無視さたれそうだ。

そのくせアノ空襲を「呼び込んだ側」「空襲した側」は豊かなもの。

昭和19年初頭にはもうアメリカ(連合軍)に負けると分かっていた日本の偉い連中や軍隊幹部。連中が東京の焼失、広島・長崎を招いた張本人であるにも関わらず、戦後になってあらゆる優遇を受ける厚かましさ。

手厚すぎる遺族年金とかね。
その反面、原爆症や空襲で行方不明になった一般人には無視を決め込む態度。見事なまで汚い手のひら返しだね。「知りませんね」っていう態度だったそうだよ、クソ役人どもは。
そういうことが伝統になっているくせに、どこが「美しい」のか理解に苦しむ。


そうした延長線に靖国の問題があるのさ。
既得権をイデオロギーで隠そうとする連中。
虫唾が走る。





ナオさん

どうかお体だけは大事にして下さい。
心を強く。折れぬ思いを。

事故前も、そして今も、薄汚い利権屋どもが蠢く福島県。まして南相馬で暮らすのはさぞ難儀であろうと思います。

あんな汚い連中のために命を縮める結果になってたまるか。その意気で心身ともに健勝を維持なさってくださますように。

まだまだ先は長い。
2014年はその始まりに過ぎませんよ(^_^


Posted by 魚山人 at 2013年12月30日 21:53
魚山人さま

あけましておめでとうございます。

傷はもう癒えられたでしょうか。
上手の手から水がこぼれる、猿も木から落ちる(失礼)でしょうか。m(__)m

関東は天気には恵まれ穏やかな正月でした。
岩手大槌の寒風干し新巻、大槌の大目(鮭児)、広島の鯛、出雲の純米酒、家内、子供、孫に囲まれ個人的にはいい正月でした。

”軽さ””むなしさ””胡散臭さ””無責任さ”マスコミ、官僚、政治家、多くの経営者、取り込まれた学者たちの言葉にうんざりすることが多いです。
「お・も・て・な・し」≠おもてなし

何ができるか、できないかわかりませんができることをやっていければと思っております。
今年もブログ、WEB楽しみに読ませていただきます。
Posted by 庄助 at 2014年01月04日 15:23
新年おめでとうございます、庄助さん。

本年と、次の`15年が正念場になる気がします。
消費税増税の実施は、想像を越える痛みを国民に実感させるに違いないからです。

実施前は殆どが「他人事」のような気持ちで眺めているとしか思えない態度ですが、始まればそうでない事に気づきます。

しかも、各種税金・保険料、その他ありとあらゆるものが既に「便乗値上げ」されおるわけですので、「3%の増加」などという生易しい負担ではありません。

「景気は回復に向かっている」
そんなアナウンスが多いですけども、「国民の2割程度」が景気良くなるからと言って、それで負担が相殺されることはあり得ません。

多くの国民がそのことを実感することになりましょう。

だからといって、自民党に代わりうる政党が存在しない情けない状況と「官僚+その天下り関連組織という日本最大のピラミッド構造体」が改革される可能性も絶望的という状況、これらは変化しないどころか、さらに肥大・悪化するのみでしょうね。



最近はね、調理師の卵に和食を伝える時に「調理技術プラス英語」を習得するように指導しています。

まぁその過程で怪我をしたんですが(笑)
昔の板前が包丁をバトンのようにクルクル回していた意味などについての解説と実演です。そのパフォーマンス効果の大きさと、はからずもリスク(大怪我)の実際(笑)

英語を覚えて欲しいのは、どんどん海外に出て欲しいからですし、「夢そのもの」がこの国から消えているからです。

日本に「美しい文化」があるとすれば、それは「モノ作りに対するこだわり」と「カドを丸くする和合の精神」でありましょう。

その二つが後戻りできない段階まで壊れている現在の日本。もはや「逆説」に依る他に文化の継続は困難だと見ております。

「いえば言うほど逆効果になる」
そのような精神性になっている国にて、本当に守りたいものがあるならば「加速させて逆流を待つ」というのが正しい道かと思われます。

なので「和僑になれ」と。
外側から日本文化を覚醒して欲しい。
種を播く畑が側にないのならば、開拓に向かうべきであるし、そこで「和の文化」を開花させればいい。

人間関係では和を尊び、物を作れば細部に隙がない。「日本人の感性=日本文化」それを駆使して日本人にしかできぬ仕事を後世に残し世界に広めて欲しい。

「本家」の凋落はもう止まらないでしょう。
「根源的な歪み」に気が付かないまま、やがて行き着く場所まで行くしかありません。腐って枝から自然落下するか、外からくる害虫・害獣に食い尽くされるかです。

そのときに再び日本を復活さえ得るのは、「分散しておいた和の文化」だけではないでしょうか。

「保険としての和僑」
その拡大と播種に力を入れるべき時がきている。
今までしてきたふらり旅と違い、今年からはテーマを明確にして活動できると思っております。

Posted by 魚山人 at 2014年01月04日 22:22

新年明けましておめでとうございます。

そんなことで怪我をされたんすね。
「板前の卵に英語を」これ。

なるほど。です。

英語。
俺自身も息子娘も 文法で引っ掛かり今に至ります。
情けない話ですがね。

ところが 最近 イギリス人と帰国子女の御夫婦が お客様でいらっしゃいまして その夫妻の英語が よく聞き取れるんですよ。もちろん 意味不明ですがね。(笑)

今後ゎやはり必用になると思います。英語力。

逆に日本語の素晴らしさを 海外の方たちに説教される御時世。



知り合いにも 海外進出した方々が
いらっしゃいますが まだまだ日本人の技術力というよりも その経済力をかざす形に過ぎず 日本の職人技が進出したとゎ言えません。

学校で習う英語よりも
具体的に英会話にふれる機会が増えれば あとゎ単語をマスターするだけのような気がしますよ。

問題ゎ入り口だと思います。

Rの発音とか あのテンション。
それがどうやら日本人ゎ恥ずかしいみたいだ。

とか言いつつ。
鯔次郎…まったく苦手なんすがね。
英語。

庄助サンへの返事コメント。
なにやら新年の記事に見えたモンでね。

爺の不安視する通りに 今後の日本ゎ流れていくと思います。
消費税だけじゃなく その他もろもろね。

我が家ゎもしかしたらパンクしちまうかもしれません。

そんな想いを胸に平成14年度の初仕事を終わらせて来ました。
糞忙しいっての!!

爺。おつかれさまです。

この挨拶。
今年も 続けさせていただきます。

Posted by 鯔次郎 at 2014年01月06日 01:39
鯔さん。
新年おめでとうございます。

この国は今大きな岐路に立っています。
しかし肝心の国民が自分たちが分かれ目にいる事に気がついていない。

過去二千年、日本が繁栄したのは「外国と対立せず、大国を利用して巧く立ちまわる」という方針であった時代であり、逆に対立した場合は結果的に国が悪くなる。

この国はね、外とギスギスしていると良い方向には行かないのだよ。

アメリカの存在なしに中国の脅威に対向することは不可能だ。しかしアメリカは日本の肉親ではないし、国益の為なら日本を切る可能性も低くはない。

米軍が信用出来ないならどうするか?
日本のような地形はね、自衛隊を5倍にしても守りきれるものじゃなく、国を防衛するには、実質的に核武装だけです。

本気で日本を軍事的に守ろうと思うなら、核を持つしかないというわけだが、今の自民党保守議員がやっている事は、それを邪魔する「売国行為」だと言ってもいい。

なぜなら、今の時点でいたずらに中国・韓国を挑発して反発を買っていれば、絶対に核武装など出来なくなるからだよ。

将来本気で核武装する気なら、今はニコニコしながら世界中の信用を得るしかないというのに。


岐路は軍事的な脅威だけではありません。
経済でも曲がり角に立っている。

我が国の経済政策は一貫して変わらない。
総てに於いて利益を優先。国家や自治体は企業を優遇するあまり住民の痛みを無視する。企業に反対する住民はカネで黙らせる。

その結果が、公害、環境破壊、無意味なコンクリのハコ、そして原発事故だ。

なによりも罪深いのは、国民を「カネの亡者」にしてしまった事だろう。もはや日本人のモラルは最低としか言いようがないのが現実。

和食の世界遺産が決まった時期に「食の偽装表示」が騒がれるなど、もう恥を通り越している。
なのに、それを恥とも何とも思わぬ感性でもって7年も先のオリンピックや、優勝などできるワケがないワールドカップで馬鹿騒ぎするのみ。食の問題などさっさと忘れる始末。

その反面、ウワサによればマスコミは「グルメばっかり」だという。何がどうなっているのか、どんな感覚してんのか、おいらにゃもうさっぱり分からん。


ではいったいどうすればいいのか。
資本主義でもなく、共産主義でもない、「新しい方向性」を見つけ出すしかないと思う。

その大前提として【サイズダウンする覚悟】をきめておく必要があります。
少子高齢化は止まらないし、日本人は移民を受け入れることができない。なので日本の縮小はもう決定している。

「成長なしの経済はない」と教えられてきた日本人は、縮小というとすぐさま「敗北」を連想し、寂れた町並みを想像する。
「縮小=悪」ということだろう。

なので、超高齢化、人口減少になると分かっていても、「経済成長・景気上昇」の一点張り。

政治家と役人が上からじゃんじゃんカネばらまき、そのカネはみんなヒモ付きでもって、エライさんのフトコロにUターンするだけで、自然を破壊し住民を世知辛くし、不要なコンクリの廃墟を残すだけ。

それがどんだけバカバカしい事か分かっていながら、2010年代の今になってもまだ同じことを繰り返そうしている日本人。

このやり方でしか幸せになれないと思い込んでいるからだね。
「拡大」だけが経済であり、拡大していれば誰もが豊かになれると信じこんでいるからこそ、フクイチであれほどの事が起きてもなお、日本中の原発が元通りになることを内心願っているわけだ。

しかしね、本当に「このやり方」しかないんだろうか?
他の価値観では幸せになれないのか?

おいらは「見つかる」と思ってますよ。
そもそも何で「小さく」「質素」になるのが悪いのか?
そこら辺を詰めることできっと発見できる筈だ。
「別のやり方」がね。


英語。
デスクワークしようってんじゃないので、文法なんぞどうでもいいんだよ。CNNが聞き取れればそれで十分ですよ。

文法に引掛ってしまえば英語は話せない。
アタマで覚えるのは無理ってことだね。
日本語で思考している間はスムーズに喋れないが、コミュに集中していればいつの間にか喋れるもんだ。
色々考えていると上達しないところなど「かつらむき」と似てるかも知れないね。


包丁をバトンみたいに回す板前は今はいない。
「かげ包丁」であり陰流であり、曲芸扱いなので廃れしまい、そんな事をする板前などもう殆どいない。

昔はいた。角さんもそうだった。
はっきり言ってカッコ良かったよ。
だが危険すぎるのも確かだ。

回し方にはいくつか種類があってね、危険度もランクがある。しかし、1番安全な方法でも顔や腕を切る危険は非常に高い。

大怪我したらバカバカしいのでやらないのが良い。
でもね、あるポイントでやると非常にキマる。その場の空気を一瞬で変えるほどの効果があるからね。
だが、危ない(笑)

Posted by 魚山人 at 2014年01月06日 07:54
魚山人様 マルちゃん 鯔さん  お疲れ様です

今年もお三方の絡みプラス書き込みする方々から、いろいろな気付きが得られるのが楽しみです。

たしかに英会話も体で覚えることが重要ですね。

インプット=文法等を勉強するのも大事ですが 

アウトプット=話してみてトライ&エラーのほうが

身に付くとおもいます。

新年を迎えましたが日本および世界の流れはどういう方向へ?米国はリーマンショックから5年、景気が回復しつつあるのは景気指標からだけではなく生活していて肌で感じています。

2014年も大局を観察しながら思考停止にならないアタマを切磋琢磨します。
 
 いつもありがとうございます。
 今年もよろしくお願いします。
 



  
        
Posted by Floridian at 2014年01月06日 14:41
Floridianさん

今年もトレード頑張ってください。
ガンガン儲けてカリブ辺りに別荘でも(^_^

特に日本株は簡単に儲けられます。
「麻生さんがステートメントする日の早朝に売り」
「麻生発言で値を下げた銘柄を買う」
これだけで儲けられます(笑)

Posted by 魚山人 at 2014年01月06日 23:25

度重ねコメントする事を許して下さい。m(__)m爺。
おつかれさまです。

そしてFlordianサンも おつかれさまです。A happy new year♪

爺。そんなに捲し上げんなっての。
でもね♪待ってた返事コメント。
ありがとう。
こういうことを言う爺が絶対的に
必用だと思います。
本記事だと爺ゎたまに脱線しちまうし 記事を意識し過ぎて ただの糞頑固ジジィになってる時あるしね。
(笑)

新しい方向性。
俺も存在すると思ってます。
正確にゎ 何故にそんな政治家が出てこないのか?という疑問に正直かられます。

簡単な話だと思うんだけど。
爺ゎさすがですよ。
「か・つ・ら・む・き」だ。

こんなことも出来ねぇくせに
調理人?笑わせんな。

一言余計だが この「かつらむき」に 物凄いヒントがあるよね。

要するに 小さく や質素等
爺の掲げる日本人の将来像ね。
「嘘」や「ピンハネ」や
「詐欺」や 「偽者商売」を
「かつらむき」の出来不出来で見極める。っつー事。

もちろん 全国展開する大手チェーン店ゎ当然没落。

偽者やパクリ それを経済力だけで踏み倒すような「飲食業界」で満足する日本人の舌。大丈夫ですかね。
俺。喫煙シーンを どこぞのネット中毒者に刺され 最低な板前のレッテル貼られてますが(笑)



でもね爺。
爺が どんだけスッゲーおっさんか
俺知らないけど ひとつだけ言えること。
爺ゎ人の心の重みを軽くする能力の持ち主であることだけゎ確かだよ。




「みせ包丁」
是非一度拝みたい。
父親の従兄弟がヤースケだったんすが
この方。出刃包丁をクルクルと投げあげ
キャッチする奇特な方でした。

死んじまったけどね。

長くなっちまいご免なさい。
m(__)m。

で。爺。
角サンを今現代に例えんの
辞めてくれ。
だって 絶対に見れない風景を
包丁一本で絵がいちまうんだろ?
そんなの反則だ。
語るなら爺がやれ。

怪我をしないで。

すんませんm(__)m
相変わらず生意気な
弟子で…

Flordianサン。
inputとoutputくれぇ
いんぐりっしゅでもわかるっす。
(笑)

でもそのoutputな
challengeとerrorな例え。
niceですよ。

常に職人たるもの そうありたいね♪
ありがとうございます。


新年始まってから
よい話題に ありつけ
鯔次郎ゎ幸せですよ。

「グルメ中毒?」
おっせーよ。爺。
グルメゎマスコミが経費を考え見付けた
素晴らしいroundですよ。
それに流され〜


我々 襟を正さねばね。
大間のマグロ使わずに
ボストン沖のホンマ使って勝負しましょうかね♪

よするに爺の言う縮小。
質を見極め 本物になること。
踊らされんな!!っつーことかと。

だけどさ。
その本物が…

官僚 政治家 国民民意
はぁ…
経営者 社長…はぁ…

愚痴っても拉致開かないから
ん?拉致?
とにかく無駄を省き
本物で勝負!!

それ以外ゎ詐欺に駄物だ。

新年始まり鯔次郎ゎ そこを追求します。約束します。

分岐点だったか岐路だったか。
活きてくしかねぇからな。


魚山人サンに幸ある歳であること
祈ってますんで。
そして日本人が
日本人たる姿勢をはやく見つけること。

このblogさ
意外とスッゲー人が見てるかもね。
自民をブチ壊す誰か。の目に留まるといいがね。

Posted by 鯔次郎 at 2014年01月07日 01:32
魚山人さん、マル子さん、鯔さん、そして、皆さま

新年、あけましておめでとうございます。
2014年も皆様にとって素敵な年になるようにと・・・
心より願ってます。

今年も、こちらのブログにお邪魔するつもりです。
楽しみにしていますね^^
Posted by ゆき at 2014年01月07日 05:17
おめでとうございます、ゆきさん。

昨年はありがとうございました。
今年も宜しくお願いします(^_^


Posted by 魚山人 at 2014年01月07日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック