2014年12月20日

今年もお世話になりました

いよいよ年の瀬も押し詰まってまいりました。
毎年の事とはいえ、年末は忙しないものです。

このブログも、いつの間にか8年を超えてしまいました。


初期の頃から現在まで、今でも時々訪問してくださる方もおられますようで、これはもう感謝しかありません。

そっと様子を見に来てくれる大勢の方々、
料理を職業にしている平さん、鯔次郎さん、ゆうじさんという若い衆たち。

本当にありがたいものです。





年が明けますと2015年。
015年はどうも海外に出ることが多くなりそうです。
個人的にも、また世の中そのものも、何か「大きな節目」になりそうな年だあと、そういう予感があります。


そろそろ寒さが本格化してきます。厳しい寒さで体調などお崩しになりませんよう、くれぐれもお体に気をつけて、どうぞ良いお年を御迎えくださいませ。


posted by 魚山人 at 19:04 | Comment(14) | 手前 板前 男前 | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
 
今年もありがとうございました。

良いお年をお迎えください。


ありがとうございます。

Posted by 月下 at 2014年12月21日 01:29
どうもありがとうございます。
月下さんも良い新年をお迎え下さい。
Posted by 魚山人 at 2014年12月21日 22:32





おつかれさまでした 父ちゃん。。。。


まる子からも皆様にお礼申し上げます

長い間ほんとうにありがとうございました




正直こんなに長く続くと思っていませんでした

魚山人サンは当り障りのないコトを書けない人だから。。


あやなす言の葉の90%は無用な誤解を与えるだけで、、、
 
     その真意が伝わることはなし



口は災いの元

だから 

正直なヒトほど辛いコトになります


面白い記事を書こうとする人ほど長続きはしない

それがWEBブログです。。。



それでも10年近く、、、、、

並大抵の根性なんかじゃとてもできません


その苦労や疲労を考えると、、、、、

Blogすすめたコトに罪悪感を感じたりシマス。。

《真面目なヒトにウェブやらせたのは間違いだったカモ》 と




来年はたくさん会えることを願って

謹賀新年。。。。。。。。



Posted by マル子 at 2014年12月22日 01:11
今年も爺。本当に 御世話になりました。お疲れ様です。また来年もヨロシクね♪

親記事に 平サン&ゆうじ君&ボンクラ♪を載せて頂き感謝感謝m(__)m

もうひとつ感謝ゎタイムリーな削除の刑(笑)


今ね♪手前板前のサイトを閲覧してた所でさ 「天ぷら」を学習してたよ。

揚げ物をヤルにゎそれなりに設備投資しねぇと店が汚れるし 匂い憑くから 鯔チャンゎやる気ねぇんすが 取り敢えず勉強勉強。
「インドの赤身」にコメントしようと思ってたんすが 丁度良い記事をまた 爺ゎ(笑)

このスマホversion的な手前板前blogゎそっちのけで
なんだがパソコンサイトのような【手前板前】の世話に少しなんね♪
しっかし スッゲェな。爺ゎ。
ある意味馬鹿だな。
俺も鮨馬鹿に成れるよう努力することを 来年のテーマとする。

料理料理…
時にゎ
政治政治…
もしくは国民性…
利権を殺めた記事や 裏側を記事に持って来たり さぞや疲労困憊なblog主なはず。そこへトウヘンボクが意味不明な酔っ払いコメントを叩き込む♪(笑)

殆どシラフなんすけど たまにヤッちゃうね。ごめんなさい爺m(__)m

なんかさ
近くて遠いッツーの?
爺ゎ下手したら 俺の住所氏名まで知ってるかもね。とある庖丁屋の親父…口軽いしな。(笑)

兎に角だ。
折角このblogの虜になったんだから 盗めるモンゎ カッパラッテクよ。
無料だし(σ≧▽≦)σ

早々流れる年月。
鯔次郎ゎ爺や親方のやり方を 見たり聞いたりして ここまで来た。
後ゎ俺次第。ッーとこまでこぎ着けたよ。


ま。コンビニ弁当が美食な方々にゎ
俺や爺ゎウザイだけさ。

技術力とか経験だの発想力だの
板前にゃやたらと求められる。
でもね。
それってさ。要するに人間力を磨く事だと思いますね。

ノーガキとか理屈とか
確かに料理ゎ理屈の賜物。
でもね(笑)

今年も本当に ありがとうございましたm(__)m
脳味噌が良い意味で緩くいれること。それゎ貴殿の糞blogのオカゲサマです。マルッポ&平サン&ゆうじ君♪にもコウベを垂れるm(__)m

素敵な人間関係を結ばせてくれて
ボラヂゎ幸せですよ。


なんだかんだ言っても
【人となり】←これでしょ。

爺が茨の道を歩み若くして独立したのと 我慢に我慢を重ね独立する姿に違いゎ無い筈。

新年に向けて 少しでも明るい話題が欲しいとこだね。

鯔次郎♪根拠無しだが
店を構えるために 手前板前を読破し 感覚でモノにしちゃる。

明日ゎ蕎麦を食いに行き
爺の書いてる カキアゲを純米酒でやっつけて来るよ。
【天ぬき】でもってな。

楽しいよね。このblog。
マルッポ♪罵声ありがとう♪

マルッポ。
女性の1限客様とカブルのよ。
だから俺 気を抜けないの。
何時なんどき 爺やマルッポが忍びで来店されんのが怖いから 常に背筋を伸ばして仕事してんのよ。

シラフで綴りました。
さて!酒!&風呂!
え?先に風呂?
了解です。カミサン♪m(__)m


Posted by 鯔次郎 at 2014年12月22日 02:09
今年から手前板前男前を読ませていただいています。いろいろ考えることが多いですしりメールで教えていただくこともあって有難く楽しく読ませていただいてます。ここ2ヶ月ほどひょんなことから毎日のようにオムレツ焼いてますが、なかなか満足のいくというのは少ないです(過去3回くらい)それでも最近は何となく分かってきたようなきがしています。政治、国民性の話題も昨今オリバーストーン氏の著作などで考える処が多いです。若い頃9カ月ほどドイツにいたことから彼の国と、この国を較べることもあります。GDPでは日本の方が上回っていますが向うの方が何となく豊かさやゆとりを感じます。また来年も料理や包丁その他もろもろのお話を読ませていただくことを楽しみにしています。よいお年をお迎えください。
Posted by yojiさん at 2014年12月22日 09:07
本年もお世話になりました。
今年も魚山人親方の背中をたくさんみさせていただきました。
いろいろありますが、えんやこらどっこいしょと笑って来年もいい年にしたいです。
Posted by まっつん at 2014年12月22日 14:27
マルちゃん、ありがとう。

十年ひと昔。感慨深いものがあるよ。
高校生だったのだなぁ君も。

マルちゃんは、どんなにキツイ言葉を書いても何故か嫌味をまったく感じない。乱暴を言っても可愛くさえ感じてしまう。
「品性」というのは、隠しきれないモンなのかな。

「あやなす言の葉」か・・・
よい響だね。

今はね、何を書こうとしても「以前に同じことを書いてないだろうか」と気になってストップしてしまう。
文章を職業にしている方々には本当に感心してしまうよ。
とくに何十年も執筆を続けている人には驚嘆する。

マルちゃんの尊敬するT先生なんぞ、もう80を越えているのに、書き続けだよね。しかも二番煎じを嫌う鋭い作風。
真の天才だと思うよ。

では、
優しい丸子のクリスマス休暇が素敵な日々でありますように






鯔ちゃん

アンタがここに最初によこしたコメントだが、
PC内部を検索して発見した。
2008年06月アタマの「鮑」に関する記事だね。

まぁ、餓鬼のような内容の酷いコメントだな。
最初から「変な人」だったことを再確認したよ(笑)

よいお年を。




yojiさん

オムレツですか(^_^
アレは面白いですよね。
単純な料理のようでありながら、実は複雑怪奇。

「完璧なオムレツ」
そういう言葉もありますが、これは間違いです。
そんなものはありません。

なぜかというと、「その人の個性が出る料理」だからです。
完璧な人間などいませんでしょ。

もう十年以上も前になりますが、「世界に一つだけの花」という歌がヒットしました。ヒットしたのはよいが、日本人はあの唄の精神をまるで学んでいないような気がします。

「人が人を差別すること」
おいらは(マル子ちゃんも)、それが何よりも嫌いです。

差別は他人の個性を尊重しないから発生します。

「完璧なオムレツ」、それは差別を肯定する言葉なんですよ。

それを裏返しますと「それ以外は完璧ではない」という意味になりましす、「それ以外は認めない」「それ以外はクズ」という暗黙の了解が成立してしまいます。

そして、「クスだから差別してバカにしてもよいのだ」
そういう方向に流されていくのです。


正確には、
「その人にとって完璧なオムレツ」
これが正しい言い方だと思います。

いろいろな「姿」があってもいいじゃないですか。
それが固かろうが、焦げていようが、べちゃべちゃだろうが、その人にはそれが「最高」なのかも知れない。

それをおおらかに受け入れる。
違いは違いとして、認めてあげる。
おそらく「この精神」が近未来の日本を左右するカギになる筈です。
自分はそうみております。

どうぞ良いお年をお迎えください。





まっつんさん。

「えんやこらどっこいしょと」
そいつが一番ですよ(^^

というか、それ以外に何もないと思いますよ。
人はそうやって生きるしかありません。
頑張りましょう。

まっつんさんの15年が幸多い年でありますように。
どうぞ良いお年を。



Posted by 魚山人 at 2014年12月23日 05:51
こちらこそお世話になりました。

今年は僕にとって変化の大きい一年でした。
最近は書き込みこそしませんが、
ブログへの訪問はしていますよ。


何かに集中すると自分を見失い
周囲が見えなくなる性質を持っていますから、
この場に訪問しては気持ちをリセットしています。


今年も正月の為に黒豆を煮ました。
最後はいつものような年越しに
したいものですね。


これからも時折訪問しますよ。

この世界、
来年はどんな出来事が起きるでしょうか?

その出来事を、
魚山人さんがどんな切り口で記事にするのか
楽しみにしています。

Posted by 板金職人 at 2014年12月23日 21:59
板金さん。
長い間読んでいただき、本当にありがたいことです。


世の中はいつでもドラスティックであり、その一方で、じれったいほど変化をしません。

21世紀初頭は新自由主義、グローバル化というモンが勝利し、この流れはとうぶん続くでしょう。つまり、格差は拡大し、それを是正する動きは逆に弱まっていくと。

このような流れでは金科玉条のように【合理化】を崇めましょう。「人を大切にしなきゃモノが売れない」とか言いながら、それを提供する側(自分の従業員)はコンピュータ制御の機械のようになれというわけですよ。

機械化が難しい飲食業でさえも、従業員はコンピュータ化を求められるようになります。
まぁ、「労働者はロボット化しないと生き残れない」というアリサマが目前に来ていると、そう思っています。

そうした事象が何をもたらすのか。
そして、そんな世の中で「職人」はどう生きればいのか。

そんなテーマーを胸に、やれる事をやっていくつもりでいますよ。


大きな変化があったそうですが、板金さんにとって良き流れが、来年もまた続きますように願っております。

良いお年をお迎えください。

Posted by 魚山人 at 2014年12月23日 23:48
魚山人様 手前板前ブログ訪問者の皆さま 今年も本当にお世話になりました。

私事ですが、今年はこのブログに初めてコメント投稿させていただいたり(長年読んでるのにやっと…)
新しい柳と砥石買ったり 包丁鏡面に挑戦したり 職場ですげえ板前さんと出会いがあったりと個人的には充実した一年でした。


包丁や研ぎへの興味や人やお客様との一期一会の大切さなど

このブログと出会わなければここまで真剣に考える事も無かったかもしれません。

今年も本当にありがとうございました

2015年 よいお年をお迎え下さい。


Posted by 洋 at 2014年12月24日 19:36
どうもありがとうございます。

洋さんも良いお年をお迎えください。
Posted by 魚山人 at 2014年12月24日 21:50




>機械化が難しい飲食業でさえも、
>従業員はコンピュータ化を求められるようになります。


ヒトが集中していられる時間はせいぜい2〜3時間

そのへんで一息いれないと 壊れてしまいますわいな

しかも正確さに欠け ヒトならではのミスも多い

労働において人間が機械に勝てるワケがないちゅーコト


機械という存在が そこ にある現状において

ヒトの仕事が機械に置換されてゆくのは必然でござる

後戻りをしないのが文明でありますゆえ


したがって、、、、労働の機械化は間違いではござらん


問題は、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 【労働をしないとお金が手に入らない】というシステム。。。

この問題を放置したまま機械化だけが進むと・・・・・・・

コレが21世紀最大の闇になるでありましょうぞい。。。。



>21世紀初頭は新自由主義、グローバル化というモンが勝利し、この流れはとうぶん続くでしょう。
>つまり、格差は拡大し、それを是正する動きは逆に弱まっていくと。


《大航海時代には奴隷がつきもの》


新自由主義/グローバル経済の拡大ちゅのは

大航海時代と似ておりますよね

資本家が黒人奴隷の労働で肥大化したように

今もまた資本家に富が集中してて、、、、

それは どこかで奴隷たちの犠牲 が発生しているとゆうコト


1世紀近い《中産階級の儚き幻想》により、、、、、

人々は自分が奴隷になりつつある現状に気づかず

家もあるしスマホもあるし食事は一応食べれるし と


しかしながら格差拡大がさらに急加速するのは間違いなく


富裕層が富めば富むほど 大衆の貧困化が加速

気がつけば 庶民の収入が激減し 

暮らしが成立しなくなっている


やがて
   先進国の中に次々と スラム が誕生するでしょう



新自由主義というものは富が拡散するのではなく

《大多数の人が富を奪われる仕組み》でございます

奪いやすいトコから奪い尽くす《焼き畑手法》でするな



現代人にトリクルダウン理論の実践はムリ

トリクルダウンどころか

       カネは《下から上に》吸い上げらるのみ

完全な 逆さピラミッド のカタチでございます

下が脆弱で上が巨大な建築学的に歪な構造ゆえ

やがて《下の支え部分》が崩壊するのは必然であろう

崩壊は、、、、、、、、

《社会の不安定化》という事象から幕開けようほどに



モノを買うお金まで上に強奪された大多数の民衆

この大多数の行き先は スラム しかないワケで


さすれば やがて今の消費文明は終了しますわいね

必然的に低価格の商品は消えていき

《モノを買う客層=お金持ち》をアテにした高額商品

それしか売れなくなりますので

こうなれば都市はスラムと高級住宅街の2つに分裂


富裕層の商品をつくる工場の主力も

人工知能とロボットになっているので

スラム住民が働く場所は絶対的に不足

このスラムで暮らす人達は

ある意味で大航海時代の奴隷以下の惨めさかも

《仕事はロボットがやるので人間の奴隷は必要ナシ》だし。。


その日食べるモノさえ入手できるか分からず

外に出れば強盗に殺害される

もはや社会不安とかいうレベルを越えた世界

人間の暮らしは壁の向こうにある富裕層街だけのもの


今の時代 ほとんどのヒトは

こんなコトを想像もしていないハズ

「そんな映画みたいなコトが起きるわけないわwww」


人間の本性が中世からまったく変わっておらず

   それが

格差のカの字も止められない 止める気もない

 《今の世界》

だとゆうことにさえ 気づかないで 
           
   笑うのみ


確実にその方向に向かっていると理解することができない



自らの不平不満のハケ口が見つからず

「チョウセンが〜」「シナが〜」と叫び

その不平不満の根本的要因が

階層の固定化

つまり

格差社会の拡大なのであると

気づく判断力も歴史を深査する知識も考える知能もなく

子供レベルの「善玉悪玉」思考

根拠のない陰謀論に拠り 漫画のような悪を創出

「在日が〜」 「ナマポが〜」


本来であれば

格差を推進し階層の固定化に邁進する

ピラミッド上層部や

それに食い込んで中下層を切り捨てる悪代官

これらを攻撃の対象にすべきところを、、、、

なぜか海の向こうにある国に憎しみを向ける

なぜか弱者や少数者をいじめる方向に向かう

  差別の裏にある選民意識に頼るしか

  己の「raison d'etre」を保てないからであろう。。。

正義の味方になった気で己の卑小・醜悪を糊塗するのみ

あるいは自分達が切り捨てられる予感に怯えるからか

あるいは親方日の丸が遺伝子レベルで沈着してるからか

ただただひたすらに

歪んだストレスを歪んだカタチで発散するのみ

卑しい差別を声高に叫ぶのみ


しかし
  そのような社会風潮もたんなる序章でしかなく

やがて
  「歪んだ叫び」で遊んでいる余裕も消えるでしょう

生活の根底が崩れてゆけば それどこじゃないからじゃよ

予感の通り 切り捨てられるからでござる。。。


ジミント長老議員や霞ヶ関をみていても、、、、、

それでも

「国家が助けてくれる」と信じられるヒトは

脳がフクイチ原子炉内部と同じく溶融していると思われ

したがって、、、もはや何をゆうてもムダであろう

勝手にメルトダウンしておればよい


将来生き残りを望む若い人たちは

できれば都会から距離をおいたほうがよいカモ

上記のような社会は一夜にして現出するのでなく

それまで長い過渡期があります

その過渡期こそが地獄のように苦しい世界であり

それに巻き込まれる可能性は都市ほど高い

《99%は富裕層になれない》コトを知っておくべき

つまり・・・・・・・・




「日本は大丈夫だから。個人資産も凄いしw」

預金封鎖されて通貨が紙切れ同然に

1億円のタンス預金も無価値になりゴミに

先進国のなかで一番その可能性が高い国

それが日本国でござる

よく目をかっぽじって行政府がやっておるコトを見るがよい

国民が保有する資産を奪う算段を進めておるではないか

鷹のような眼光で

海外資産や海外への送金にも規制をかけ

さらに背番号制と絡めて国民の銀行口座狙い


「個人口座の把握は脱税を防ぐため」

そうゆうのであればじゃね

なぜ宗教法人に課税しない

その他多くのアングラ利権集団

莫大な収益を出しながら節税操作で納税しない企業


そ れ と、、、、、
   今度の金融緩和と円安でボロ儲けしている人達

このへんから取った方が税収は上がるはず


ライオンは襲撃しないけど家畜は襲うハイエナかね?

もはやヨダレを隠す気もないハイエナじゃ

 「逃がすものか百姓ども。。。ひひひひひひひひ」
 「年貢をしっぼってしぼって搾り取ってやるぞい」
 「なに? 食べ物を買うカネも無いじゃと」
 「ばかもの。。。。頭が高いわっっ。。こ、この虫けらめが」
 「うぬらはゴミでも食べておればよいのじゃ」
 「わははははははははははははははははははは」



なぜか

ニホン破綻が確定しておると考えとるからじゃよ お上は

それだけ切羽詰まっておるというコトじゃ


何千兆円ものカネを湯水のように

利権優先無計画でバラまいてきたツケじゃよ


そのようなことさえ見えぬとは情けないぞい

どこに目ん玉がついておるのかね  ん?





以上 不吉なコトを書き申しあぐましたけんども、、、、

未来は過去とは違い 確定 いたしておりませぬ

だからして 流動的 なのじゃね

つまり いくらでも変えられる と。。。


厳しい現実を申したのは襟を正するためでする

現実から目を背けることなく つねに糺す精神。。。。





みなさまが

しぶとく タフに たくましく 強靭に

ゆきゆかんコトを願って


Happy new year U⌒(エ)⌒U ワン!


がんばろ〜〜〜゜ヽ(⌒(エ)⌒)ノ・゜・。。 。 。 。


2015年

父ちゃんが元気で健康でありますように

ブログ読者さん達が幸せでありますように

まる子。。。。



Posted by マル子 at 2014年12月30日 04:23
 
にゃん!

オイラはワンコです。


ありがとうございます。

大丈夫、がんばります。

まる子さまもご無理なさいませんよう。


すみません。
また、お邪魔してしまいました。。。
Posted by 月下 at 2014年12月31日 01:30

いやぁ〜!
まいったまいった。
さすがマルッポだね。

今向かってる先ゎ 完全にデノミだモンね。

今帰宅したとこ。
疲れたァ〜!!
明日からリフレッシュしねぇと
年明けに疲れが残っちまうから 一杯やったら寝る予定が これか。………


仰る通りですね。

1号ゎ都会を嫌い
2号ゎ見栄を嫌う。

3号ゎ巧く渡れそうな雰囲気持ちながらカミサンに 似ちまって…
無駄に正義感が強い。

この国の未来を生きていく 若者達だ。


しっかし…見事だね。
その切り口。
活字ってのゎ庖丁よりも斬れるのかな?

ロボット化される労働者達。
それゎその本人達も良くないよ。
奴隷化されてしまうことに慣れちまってる。
課税されない範囲内でパートタイマーとか 可笑しいでしょ?

マルッポの書いた通り 今の日本ゎ狂ってる。
んぢゃ狂ってるのゎ誰?

ッツー話よ。

人間 集中力の持続って2〜3時間に限られる。1号 受験生だが この冬休みの生活を観てると 勉強2〜3時間にグランツーリスモを2〜3時間と。
(笑)


ま。俺のムスコなんで 仕方ないのね。

そんな1号も 俺から観たら たいした奴でさ 季節を重んじ 動物達を こよなく愛する優しさの持ち主。

学歴なんてのゎ 将来を どんな風に生き抜くか決めた奴にゎ関係ねぇのね。その道を 突っ走れば良いだけ。

俺な 男子なもんで集中力が長く続かないのゎ承知のすけなんすが
これをclearする行き方してるの。

【身体が反応する】ッツー行き方さ。
集中力ゎ寧ろ要らねぇの。
経験&経験&思いやり。これだけさ。

経営者ってのゎ 利益を出すのが仕事。

労働者ってのゎ経営者に認められて初めて給金を頂ける。

どっちが強いか考えっと 俺の場合虚しくなんね。

マルッポが書いたこのコメント。
素晴らしく思う。

が。
そんな日本の背風や世界の背風を 根本からぶった斬るよう
爺を ソソノカシタのゎ貴女。

少し酔っている。
ジャックダニエルをロックで。

反論ゎ勿論ないよ。
でもね。
諦めたら終わりなのよ。
だから俺ゎ このblogを親方と思い 思いの丈を不躾に書くのよ。その返事コメントたるやもう。

少し スッキリしたよ。
年末の糞忙しねぇ仕事ハネて閲覧する爺blogゎさすが。

とっても素敵な参謀が居らっしゃる。

長々とコメントしちまったが 明日ゎだし巻きを 休みってのに6本も昼まっから焼かねば!!

これも 実家のお隣様への気心。

しっかりと生きて行けば
不思議と こんな糞blogにも出逢うし まだまだ棄てらんねぇよ。この日本ってとこ。

爺が俺に「本を読め」と やたらと言うの。
それゎ真実を知って欲しいからだと思う。

マルッポ…爺を来年もヨロシク♪
大変な方なのゎ理解してる。

俺ゎ【変な人】を受け入れるから。

お疲れ様♪

Posted by 鯔次郎 at 2014年12月31日 02:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。