2016年01月05日

蠢動

新年早々気持ちの悪いニュースが流れている。


高市総務相が、総務省の仕事始め式でマイナンバーカードと各種ポイントカードを一本化できないか検討するよう指示したというもの。

「一本化できないか検討するよう」にと言いながら、「来年春以降の実現を目指す」という性急さもあり、実は既定路線であるらしいことを覗わせる。

大臣の指示というより、総務省官僚が既に青写真を描いてあるのだろう。そういえば、マイナンバーカード導入がまだ検討されている段階で、既にこうした話が出ていた気がする。

総務省官僚は、「磁気カードからICチップ入りカードに移すための莫大な投資を行わずに済む。だから企業にもメリットがある」という言い方でポイントカード本来の目的である「客の囲い込み」はどうなるのだ? という疑問を躱そうしているらしい。


マイナンバーというのは、ご存知のように国民ひとり一人に割り振られた固有番号であり死ぬまで変わらない。生年月日はもとより、収入、資産、病歴などともひも付られる予定の、いわば「究極の個人情報」である。

そのように大事なものであるからこそ、最高機関である国家が管理するのであり、これはつまり「明らかに公的なもの」と言えよう。官公庁が責任を持って厳しく運用するべき「無私の認証制度」であって、利潤を求めて盛衰を繰り返す民間企業がタッチしてもよい制度ではあるまい。

それをあっさり「民業」に投げようというのである。
しかも「個人情報の横流し疑惑」が定期的に持ち上がるポイントカード業界と融合させようと。

総務省が直接管理できるわけもなかろうし、天下り法人をつくりそこに管理させるか民間業者に委託することになる。もしもの場合責任は誰が取るのか?


何十年も前から、国が音頭を取って民間に介入してくる例は数多い。しかし漏れ無くというか殆どの場合失敗に終わっている。官僚が無能というよりも、制度に問題があるからそうなる。

「縦割り縄張り主義」「渡り鳥的移動の繰り返し」そして「誰も責任を取ろうとしない」こうした構造的な因子により、官庁が関わる事業は必ず瓦解するか赤字になるのが相場である。

そして、その赤字は毎度毎度税金によって補填される。
その頃には責任者は消えていて、どこかに天下り。



たしかに、マイナンバーカードと数多いポイントカードが一本化される事でいっけん便利になるような気がする。
が、よく考えると国にとってはメリットだらけでも、使用者である国民には何のメリットもあるまい。



このニュースは、よい試金石になると思う。
この話をマスコミがどう扱うか、それによってこの国の民度がはっきりするからだ。

どう考えても政府が叩かれるべき案件であり、少し考えればマイナンバーカードの裏側が透けて見える話なのだ。

パッシングらしき動きが一切封じられ、全マスコミが口を閉ざしてサラリと流すようであれば、もう重症としか言えまい。


「はいそうですか」
「便利になって良いですね〜」
そういう声のみを世論として押し通し、またしてもろくな議論もないまま成立させてしまうような国だとしたら、

もはや本気で移住先の段取りを始める段階なのかも知れない。




大寒まで間があり、啓蟄はまだかなり先だというのに、この政権(と霞が関)は、生来のドグマの蠢動を隠し切れないようである。

posted by 魚山人 at 23:13 | Comment(7) | 時事ニュース寸評 | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント



異様なまでの個人情報への執着


ま やっている事が一貫しとるから分かりやすいよね

次から次へと

ジリジリ じりじりと

あるいは急激に有無を言わせず

自民官僚連合は外堀を埋める政策を連発しておるからね


この三年でどんどん「網の目」をはりめぐらし

その網目の交点には監視装置をつけておると



ガチガチの管理社会にするのが望みなんじゃよ

目的は 個人の【思想】と【収入・財産】の完全把握。。。


データを監視し分析することで、、、

やがて

思想をコントロールして永久権力を確立

カーストみたいになり政治家も高級も階層固定化

政治家・高級官僚・富豪は北のキム一族のように完全に世襲制

上級の家に生まれなかった者は奴隷あつかい

社会は上級民と下層民の二種類だけになる

もちろん一割の上級民のマイナンバーは完全非公開の特別扱い

マイナンバーは下層民を監視・管理する為だから上級には無用


奴隷(下層民)の収支を把握し個人資産も透明化

これによって下層民の消費経済と財布を遠隔操作可能に

役人の判断しだいで特定個人の資産を凍結または没収できるようにする


IDや免許やパスポート

クレジットカードもキャッシュカードも

すべてマイナンバーカードと一本化されておるので

瞬間的に特定の個人を社会から抹殺可能になる


現代社会でこうしたものを全て抹消されるということは

「自由を完全に奪われる」ということじゃからのう


移動も不可 どころか食事もでけんわい。。。


これはあるいは社会主義とかSFを超えてしまう可能性がある


なんちゅうか まぁ

ヒトラーが夢描いて達成できなかった社会を完成させる気であろう



以上これは陰謀論ネ


今の日本には陰謀がでける程器の大きい人はいないので

現実には利権臭にタカるハイエナの習性にすぎないのカモ

税金ぼったくるつもりにしろ

個人情報をカネに変える気にしろ

天下り先の増設にしろ

一般国民からムシリ取れるチャンスがありそうなら

何にでも反応するわけ


そういうある意味脊髄反射みたいなものだとしても

何の抵抗も無くどんどん成立して行けば

自然に上のような暗黒社会が現実になるだろうけど。。。


やっぱり

日本の国会はネジレさせておいたほうが良いと思うよ

わりとマジで



Posted by マル子 at 2016年01月06日 12:20
ネジレと言ってもアンタ。
民主党があのザマではどうにもならんよ。

民主党議員の半分くらいは、本来の巣である故郷の自民党に戻ってくれるといいんだが。そうすれば残った連中は無党派その他から爆発的な人気を集めると思うけどなぁ。
Posted by 魚山人 at 2016年01月06日 19:39
あけましておめでとうございます。今年もちょこちょこお邪魔させてもらます。去年は和食の記事をたくさん読ませてもらいました。より一層よろしくお願いします^^

マイナンバーも不気味すぎますが・・・おかしなことが起きていても何も声をあげず、行動もしない人ばかりで、そっちのほうが気持ち悪く思えてきます。見て見ぬ振りで我関せずです。おとなしいを通り越して異常です。

日々の生活に追われている人が大半なのでしょうから他人や世間の出来事に構ってられないのかもしれませんが、最近は日本人の在り方がおかしいと思います。
素晴らしい人もたくさんいるので「日本人が」という一括りにした言い方はしたくはないのですが疑問に思わずにいられませんでした。

平和なようでいて、特に都会はかなりのところまで追い詰められるているのかもしれません。良い部分もあるけど今の日本は病んでます。

先日、山手線に乗っていたら、中年のサラリーマンが車内で倒れました。というか床に寝てしまいました。私はかなり遠い場所にいたのですが、どうしたんだろうと気になって見ていました。でも、近くの人は誰も動きませんでした。酔っ払うにしても、まだ夕方6時前だったので不自然です。体調でも悪いのかな?と気になって、そばに寄って大丈夫ですか?と聞いたら、その人がちょっと動いてカバンの中身が出てきてしまいました。首から下げる社員証などが入っていたので、おそらく大手の会社員さんです。

やっと他の男性も心配してくれて一緒に声をかけてくれたのですが、他は、みんな我関せずでした。

目の前に座っていた人たちに、席を開けてと、手で合図をしたのですが、しばらくは、はあ?なんで私が?みたいな顔をされてしまいました。やっと一人の男性が席を立って中年のサラリーマンを座らせてくれました。顔色が真っ青だったので体調不良だったはずです。それか何か強い薬を飲んだのか。。。

言い方が悪いのですが、目の前にいるのに動かない人たちを見て、バカなの?と正直思ってしまいましたが、私のほうが異常者に見られてしまっているような空気感。幸いにも私の身近にいる人たちならば率先して動くのが想定できますから、明らかに状況がおかしいのです。

誰かが倒れていたら反射的に動くというのは普通じゃないのでしょうか?泥酔している酔っ払いならば自業自得ですけど状況が違います。それでも具合悪い人がいたら席を譲るのは当たり前のこと。違和感でいっぱいです。

今回の出来事でも、思考回路が麻痺している人が日本には多いことを感じました。治安が悪いと言われている国でさえ、おそらく何かしらの反応はありそうですけどスマホばっかり見てて、無反応な人が多いから気持ち悪い。

この状況だから、魚山人さんやマル子さんが常々書いていらっしゃることに対しても、反応が薄いのだと思われます。日本が焦土と化す可能性も否めません。サイクル的にそう遠くない日のことかも。

海の外に出てみたほうが正常な思想を取り戻せるように思います。日々流されている情報を受けるだけだと考える力を失います。そういった意図を持った情報がほとんどです。あまりにも骨抜きにされすぎている。もはや何が狂っているのかさえも分からなくなりますね。

-------------------

去年、グローバルの本店(六本木)に行きました。どれが売れているんですか?と聞いたら、魚山人さんがレビューしている商品がダントツとのこと。

店員さんが、とあるブログを見て買っていく人が多いんですとおっしゃっていたので、もしかして???と、嬉しくなったら、案の定、このブログを見て行っている人が多いと。

その日はペティナイフを買いました。もうプロは在庫がある限りで販売が終了するようです。できればスライサーも欲しいです。

長々と失礼いたしました。

今年も素敵な一年になりますように^^




Posted by ゆき at 2016年01月06日 20:25
おはようございます、ゆきさん

暖かいですなぁ、今年は。気象まで少しアレですね。
おめでとうございます


ヨシキンまでお出になられたそうで
ゆきさんの事ですから、さぞお洒落なペティを購入されたのでしょう。
宜しければいつか写真など撮られて包丁投稿まで^_^


都内の電車はかなりキツイと思います。
外側から見ると、大きな車体の上に「瘴気」が立ち昇っているような気がしますし、あれでは「正気」の人間が気の毒。もはやこの世のものではなく魔界の乗り物(笑)

おいらはもう乗る気がしませんので、長い間乗車した事が無いんですけども、乗るしかない方々も多いわけで、マトモな方々は本当にお気の毒にと思います。なにしろアレに毎日乗っていれば精神を病むでしょうからね。


東京一極集中の異常さはもう五十年以上も言われ続けております。
60年代後半あたりから、電車はまるで「家畜運搬車」の様相。
高度成長を支えたサラリーマンたちを、家畜同然の扱い。

しかし、今をもってしても何の手も打たれず放置されたまま。
それどころか逆に人を集中させることばかりやっておるわけです。

この1例ひとつとってみても、「基本的な何か」が狂っているというか、人権とか人間性の軽視というか、そういう部分があるのだと分かりますね。

ベクトルが「人間性を豊かにする」方向に向かわないんですな。

では何を求めているかといえば、経済的な豊かさ「だけ」をひたすら追求し続けて来たわけです。

どの方角をみても、ソレが基準になっているので「人間はおきざりにされる」という歪みが社会構造の中に組み込まれてしまっている。

まぁ歪んでしまった人々は「犠牲者」でもあるわけですから、一概に責めることはできんでしょうね。
構造が根本的に変わっていかない限り、「異様な精神を持つ人々」というのはこれから先も減ることはなく、増え続けるのみでしょう。

Posted by 魚山人 at 2016年01月07日 08:48



ゆきさんありがとう ワンワンU^ェ^U



>>この状況だから、魚山人さんやマル子さんが常々書いていらっしゃることに対しても、反応が薄いのだと思われます


ちゅ〜よりもですね、、、、、


ひとりは糞頑固な偏屈爺

もうひとりはトリッキー狂犬病のようなイヌ女


このようなモノにどう反応すればヨイのか・・・

普通のヒトは二の足を踏むと思いまするよ



それを想定して

わざと

偏屈かつレスのしようがない文体を組んでいるフシもあるし

ジジイちゅーのは妙に計算がうまいですからね〜


にゃははははははわんわんわん▼⌒(エ)⌒▼




Posted by マル子 at 2016年01月07日 15:28
あけましておめでとうございます。
魚山人さんとみなさまにとって良い年になりますよう祈っております。

昨日ボランティアで行っているNPOでマイナンバーを登録するように言われました。
年額5万円以上の支払いがある場合は必要だそうです。月に二度程度行っているので移動費としてもらっているのが5千円*12=6万円です。

妄想するとそのうち、マイナンバーカードから無線で町中にある防犯カメラやNシステム、携帯のGPSなどで常にいつ場所も把握されたり、ビックデータandもろもろの個人データで究極の楽しい社会が冗談やSFで無くなってきそうです。

リタイアして三年、家内とはますますいい関係で仲良くやっています。
母が入院している間にということで明日から。家内と石垣島に何日か行ってこようと思っています。菊之露は32度のほうでしょうか。石垣の魚と料理、泡盛を楽しんでくるつもりです。

ボランティアも介護も旅行もまわりの多くは老人、現役や若い方に申し訳なく肩身が狭い思いです。介護のめどがつけば、もう少し地域や社会のためにやっていこうと思っています。
Posted by 庄助 at 2016年01月09日 09:10
おめでとうございます、庄助さん。

石垣ですか、今年はもう初夏の陽気でしょうな。
どうぞお気をつけて
行ってらっしゃいませ。

庄助さんのコメントを読むと、なんかほっとしますね。
最近はなかなかリアルでも「正常な人間」と邂逅するという事が少なくなっていて、ちょっと人様と会うと、本当に大丈夫なのかなあこの国は、そういう薄気味悪い経験ばかりですので、ネットとはいえ庄助さんの「マトモさ」が心に染み入ります。


>現役や若い方に申し訳なく
それは同意ですが、しかし「自業自得」だと思いますよ。
なんにしろ、「世の中を変えたければ行動するしかない」という当たり前の事さえ理解が及ばす、グズグズと文句を言うだけで何もしようとしないのですからね。そして何よりも選挙に行かない。

自分のことを自分で出来ない者は、淘汰されるしかないんですよ。
これはちっぽけな感情論などを超越した自然の摂理です。

まぁ気にしないで余の人生を楽しまれるとよいのではないでしょうか。
今まで頑張って懸命に働いてきたのですからね。
お母様の快癒も願っております。



菊之露は安いブラウンの方が飲みやすく美味いですね。
安いといっても、今は昔の2倍のお値段。
よく覚えていますけども、菊之露が五百円前後で買えた当時のサラリーマンの給料は、今現在よりも多かったですね。まぁ普通に働いている給料取りは軽く40万くらいは貰っていた筈です。今と言えば実感として25万がいいところでしょう。

なによりも面白いのは「新車の値段」です。
30年あたり前から、何があろうと値下がりすることなく一直線・右肩上がりにお値段が高くなるばかり。そして今では100万の値打ちしかないような乗用車が軽く300万円(笑)ちょっとした車は500万以上。

それに加えて、何重にもなる自動車関連税。

この「意味不明なほど強気な新車の値段」を、若いもんが貰っている給料の減少グラフと対比させてみると、もうなんというか・・・

それで「インフレにしてみせる」という政府をボケーっと傍観しているだけ(笑) 「その前に給料上げろや。殺す気なのかよ俺たちを」という声は殆どあげることもない。

奇特というか、我慢強い国民ですなぁ、日本人は。

マイナンバーで鼻ヅラに鉄輪を付けられ、電子監視という名の「切れない鎖」で縛りつけられても、何も文句をいうことなく、やがて「選挙制度」というものが有る事さえ「え〜知らなかった」と、そういう国になりそうです。


Posted by 魚山人 at 2016年01月09日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。