2016年06月22日

人はサル

マルちゃん曰く、
「なんで魚山人は異常なほど若くみえるのよ!」

もちろんそのような質問に「これです」という単純な回答など出来るわけがなく、答えるには本一冊分の文字数が必要になりましょう。死ぬまでにそのような本を上梓してみようかな、とかね。


食事の摂り方が重要なポイントになりますが、当然ながらそれだけで説明できません。人体はあまりにも複雑ですからね。

総合的な回答は、「常識に囚われない思考と実践」
そう思っています。





さて、ヒトは筋力が衰えると急速に劣化していきます。
これは確かな事実。

特に重要なのは「腹筋」と腰から下の筋肉です。

腹筋を鍛え続けている人は殆ど風邪をひきません。
細かな説明は省略しますが、免疫力が強くなっているからです。

そして加齢とともに弱ってくるのは腰より下の筋肉。
つまり「足腰が弱くなる」わけですね。

大病に比べると地味に思えましょうが、実はこれが万病の引き金。

簡単に言いますと、足腰が弱くなると「脳の機能が劣化」するからです。

脳はヒトの中枢。
様々な病を呼び寄せ、「寝たきり老人」へ。

人たるものコレだけは回避したいもの。
威厳を持ったまま、尊厳を失わずあの世へ逝きたい。

健康なままポックリ逝くには寝たきりにならぬこと。
介護などもってのほか。
人様に世話をかけてはいけません。

それが愛する身内であれば尚更でしょう。
迷惑をかけてはいけない。



足腰の筋力は保ち続けなきゃいけないんですよ。


下の記事にも書いてありますが、
ダイエットと運動

もっとも確実な筋力維持は「歩くこと」です。






●ヒトは今でもサルのまま

ランニングは身体を頑健にしてくれますが、これはせいぜい20代まで。中年になって走るのはヤメておいた方が良いと思います。

「ゆっくり」
これが全てにおいて大切だからです。

だからランニングよりウォーキング。


ヒトの肉体も消耗品だと考えるべきであって、いつまでも子供のようにカラダの組織が再生を続けるわけがない。

年をとると新陳代謝は目に見えて衰える。
子供みたいな細胞の活性は無理。今のところはね。

再生しないのであれば、それは金属製の機械と同じ。
負荷が大きいと劣化の速度も早まり、やがて壊れる。

したがって無理な負担をかけるべきではありません。

ならば、「何もしない方が良いのでは」
確かにそうですが、カラダって奴は一筋縄ではいかない。

何もしなければ、無用の長物だと脳が判断し、あっというまに筋肉が消え去ってしまうのです。

ヒトの、平均50キロにもなろうという重いカラダを支えているのは、筋肉と骨です。

筋肉が消えるとどうなるか。
骨にそのしわ寄せがいくのです。
そしてすぐに骨のつなぎ目が悲鳴をあげるハメになる。

重要な臓器を支える筋肉が、役にも立たない脂肪になってしまう。
ゆるんだ内蔵は元気を失い、本来の仕事をしなくなる。

「脳の誤解」によって、タンパク質の変性も始まる。
それが複雑で原因不明の病気を招いてしまう。


脳に誤解をさせないことです。
「今でも筋肉が必要だ」と分からせてやる。

そうでないと、脳は勝手に暴走します。
そして【自殺装置】のスイッチを押してしまうのです。
「もう生きている必要がない」と脳が冷酷な判断をする。

それに遺伝子が呼応して変質してしまう。
で、原因も治療方法もロクに分からぬ難病になると。

癌も、おそらくそのような機序によるものでしょうな。




・脳に伝わる歩き方

サルに人間の靴を履かせて歩かせてみる。
どうなるか想像してみましょう。

これは確実に病気になる筈です。

靴というのは、足の指を縛り付けて稼働させない物だからです。

サルの脳は、すぐに誤解をしてしまうでしょう。
なぜなら脳は「靴」というものを知らないからです。

重要な働きをしている足の指からの信号を失い、いらぬ司令を体中に出し始めるでしょう。その命令は異常なものとなり、それが病気となって発現する。


ご存知のようにヒトとサルは非常に近く、本質的に大差はない。
外見などは大きく異るが、中身はそう変わりません。


しかし、ヒトは靴というものを数千年前から利用しています。
ではヒトの遺伝子は靴を「知っているのか」と言いますと、
たぶん「知らない」と思います。

動物が、たったの数千年でもって変化するわけがない。

遺伝情報ごとの「変化」は、最低でも数万数十万年、普通は百万年のオーダーでしょう。(自然なカタチでならですが)


そもそも、足の指は何のために存在しているのか。
尾骶骨にある「尾の痕跡」とか、「男性の乳首」のように、意味のないシロモノなんでしょうか。

そうではありません。
ヒトが歩く動物であるかぎり、重要な役目を担っているのです。


「人類は指を器用に使うようになって急速に脳が進化した」という説をご存知でしょうか。

詳細は省きますが、指を使えば使うほど脳は活性化するのです。

これは手だけでなく足の指も同じようなものなんですよ。



そういうわけですから、ウォーキングの理想は「裸足で歩くこと」です。

最高なのは砂地を裸足で歩くこと。
06-1.jpg



なぜなら、【親指と小指で地面をつかめる】からです。

06-2.jpg

サルのようにね。



加えて、砂地だと土踏まずを刺激できるという点も重要です。
06-3.jpg




この「砂浜ウォーキング」でもっとも大切な点は、太陽が完全に沈んでから、もしくは太陽が出る前に行うということです。
06-4.jpg



海岸の太陽光線を
06-5.jpg

カラダに浴びるなど、【狂気の沙汰】ですからね。



太陽光は宇宙線なのです。
放射能を被爆していると思えばいい。

奇跡的な偶然によって地球上はコレから守られていますが、もしも地球の大気や磁場などがなければ、地球上の生物など全部「皆殺し」にしてしまうほど恐ろしい「殺人光線」なのですよ、太陽光は。


何が、
「日焼けして健康的な肌に」なんだか。

アホもいい加減にしないといけませんな。

この勘違いによって、人々の体内組織がどれほど傷ついているかを思うと、暗澹としてきます。

宇宙線はヒトの遺伝子をメチャクチャにするのです。

ウソだと思うなら、ちょいと地球の外までビーチサンダル姿でもって散歩しに行き、宇宙空間で太陽光を浴びてみなさいよ。

太陽は無慈悲にも一瞬でアナタを殺してしまうでしょう。

もしかして、人間が数百歳まで生きられないのは、太陽光のせいかもしれませんな。






老化現象が最も著しく出現するのは「皮膚表面」です。
その皮膚は、下にある筋肉によってハリを保っています。

筋肉を失い、ある種のタンパク質が正常を失う。
これが皮膚の劣化となる。

皮膚の劣化は「老い」そのもの。


タンパク質の変性は多くの場合、脳の仕業です。

脳が何か誤解し、混乱して、間違った司令をするようになる。
その誤解は、だいたいにして「情報不足」によるもの。

その情報不足の原因はね、
人が「遺伝子が知らない事をする」からですよ。


posted by 魚山人 at 12:37 | Comment(9) | 手前 板前 男前 | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
魚山人さま

どうされているか気にかかっていましたが、お元気なようでうれしいです。

>魚山人は異常なほど若くみえるのよ!

ダブルでうらやましいです。

「寝たきり老人」なりたくないですね。
母は昨年5月大腿骨骨折の入院手術、リハビリテーション病院に移り、この二月までいて、今は老健施設にお世話になっています。
まもなく90歳、手術医からは手術はうまくいったがおそらく寝たきりになるだろうといわれましたが、奇跡的に補助車があれば数百メートルは歩けるようになりました。
同じ施設に200人ほど入所されていますが120〜130人は車椅子、2,30人は寝たきり、残りは補助具があれば歩けるという感じです。毎日母の施設に行って、医療や介護、日本や自分の将来のこと考えさせられています。

歩くということ、脳や体に本当にいいようです。数ヶ月前に見たNHKの番組で、アメリカの施設での研究、臨床結果として、歩くことが認知症の改善や進行を抑えたり、予防に非常に効果があると言っていました。
ある程度の速歩で1日30分以上、週3回程度で効果が出るそうです。

砂浜を日の照らない時に歩ける人はごくまれでしょうが、、。
奄美の海でしょうか?

現役時代は、毎日1万歩以上歩いていましたが、汗をかく季節になってほとんど歩いていません。
元気に生きるために、汗をかいても歩くようにします。
Posted by 庄助 at 2016年06月26日 11:43

ありがとうございます

庄助さんもお元気そうでなによりです。


老うのは人のさだめ。
ですから老化現象は仕方のない事です。

しかし、背筋をまっすぐに伸ばして生きていくのに年齢は関係ありません。ただただ己の意志次第でありましょう。

自分の志を貫き通し、愛する人々の幸せを願って出来ることはすべてやる。死ぬまでそれを続けるのだ、と、日々言い聞かせておりますよ。

Posted by 魚山人 at 2016年06月27日 11:02
 こんにちは、魚山人さん。時々、このページを拝見しています。


 素足ウォーキングで健康維持という考え、初めて知りました。ただ、先日たまたま読んだ睡眠関連の本と、本質的には同じことを指していました。面白い偶然なので、ちょっと書き込ませて下さい。
 
 
 魚山人さんが既に指摘していますが、要は、以下2点が共通の本質です。
・数千年から人間の遺伝子は殆ど変化していない
・ならば、数千年前に近い生活習慣こそが、遺伝子を自然に活発化させ、人間は健康に暮らせる

 
 上記、睡眠関連の本によると、「人間の体内時計は25hだが、太陽光照射により24hにリセットされている。その照射時間と体内時計の関係を実験解析すると、午前3時〜9時に太陽光を浴びないと、体内時計を上手く調整できない」とのこと。

 何のことはない、数千年前の人と同じ生活リズムで、太陽とともに起きると体に良い、と言っているだけです。それ以外の生活リズムは、遺伝子が混乱して、体内時計を上手く修正できないと言っている。
 
 運動時間についても著者の推察があり、睡眠リズムを考えると、睡眠2h前位がおすすめとのこと。これまた、数千年前の生活と同じで、現代と違って電灯の無い大昔は、活発に動き回れるのは太陽がある時間帯までです。当たり前と言えば当たり前。


 勿論、全てを原始に還せと言っている訳ではありません。たった1世紀前に戻るだけで、日本人の平均寿命は50歳以下になってしまう。ただ、ちょっと気を付けて知恵を使えば、現代科学の恩恵を受けながらも、遺伝子と共存して、元気に生きていける。
 
 そんな知恵を少し頂き、ありがとうございました。
Posted by oda_susi at 2016年06月29日 23:58
oda_susi様

貴重な情報をありがとうございます。


Posted by 魚山人 at 2016年06月30日 13:54
お疲れ様で〜す!!
ご無沙汰をm(__)m

俺 そんな時間に砂地の所なんて歩く時間ねぇゎ。
家の前の公園に砂場あっけど あそこ野良猫チャン達のトイレになってっし。
でも とっても説得力あるね。これ。
3年前くらいまでゎ仕事から帰ると 毎日スクワットと素振りをしてたんだ。
また始めよっかな。

この記事さ 食事にもまんま当てはまんぢゃん!!やたらと精製された調味料や穀物。
そんなもんも遺伝子ゎ理解不能だべ??
「調味料」と成分表示に書かれてる(これだけぢゃねぇけど)もんゎなるったけ遠ざけて 食物繊維をもっと摂取するよう心掛ける。
食に於いての「歩き」かな(笑)

俺も かなり若く見られる方で その基本ゎ食事になってる。運動もしたいんだけど なかなか疲れちゃっててさ(汗)
太陽光 これ。天敵だね。俺みたいに若い頃から夜の生活してる人間にゎ。それでも何も考えず若い頃ゎカミサンと日焼けしに行ったりした代償が背中に……
シミ。背中が海亀みたいになっちまってんの。
怖いよねぇ。
あ!!相変わらずの脱線癖!!
話戻すと 食事を大切に気をつけるようになると コンビニ弁当やスーパー 総菜チェーンの弁当とか 食べられなくなりますよ。受け付けなくなるんすよ。脳が自殺スイッチ入れるように 舌が拒否するんです。
ヤバイ!!って。 なーんも考えず食べても無理になりますから。
1番驚いたのゎ免許更新の時。俺横浜なんで しかも必ず違反するんで二俣川の運転免許試験場で講習受けるんすが そこの蕎麦。
食べ終わるとグロッキーです。唾液腺開きっぱなしになります。とても不愉快です。
最近ゎ他で食事します。
良い蕎麦屋があるので(笑)
結局ゎあれだ!! 爺のこれ!!
これを良く噛み締め理解出来れば 幸せな死に方出来ますよ!!ってこと。(笑)

だってそうでしょ??

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こっから非公開!!

あのさ爺!!
実ゎ報告あんだよ!!
Posted by 鯔次郎 at 2016年09月03日 01:00

鯔ちゃん

健康食だの非健康食だのは実際のとこどうでもいいこった。
バカのような嫌煙ブームも「酒離れ」も愚の骨頂。

どうせ人間はいつか必ず死ぬからね。

健康に眼の色を変える現代社会は少しビョーキだな。


モノゴトの本質は鯔コメの非公開部分にあるんだよ。

子供たちの健全な成長
これがヒトの社会で最も大事なことなんだよ。

誕生した子供らが一人前に成長していく姿。
これ以上得難いものはほかにあるまい。

【次世代に継いでいく】
これがヒトを含めた生き物達の本質なのさ。

一部のサルが人間に進化し、文明を得たように、
我々は「未来」にこそ希望を持たなきゃいけない。

だが、現代人は「自分が生きている間さえ良けりゃいい」という思考にハマりきって出られなくなっているようだ。

だからどんどん子供や孫の世代を喰い荒らしてしまっている。

機械文明ってヤツの進化の早さに、「サルと変わりがない人間」が追いついていけないからだろうね。

素朴さを捨て、「欲望」のみが先鋭化してしまうのだろう。

この状態では近未来は暗かろう。
しかし、その先にも未来はある。

今はサルのままでも、遙か先には「新たな人類」が誕生するかも知れない。そこに期待を寄せてみようや。



子供たち、おめでとう、鯔ちゃん。


Posted by 魚山人 at 2016年09月03日 18:17
魚山人様。

いつも、仙人としてのコメントありがとうございます。

鯔さんへのコメントを、読んで現代社会に生きる板前への叱咤激励を見て…
自分事のように、感じています。

昨今の政治家による、無断遣い?犬が飼い主様に媚びる出来事ばかりで、気が滅入ります。

新たな人類とは、金の為にだけ動く金融馬鹿ではなく…

お互いの幸せを思考錯誤の上に築き上げ、人生の価値を他人と共に築き上げる事ができる社会を作れる人類ではないか⁉…

と…魚山人様のコメントやブログ記事を見て有難く肝に命じております。

魚山人様…いつまでも長生きして後輩を導いて下さりますようお願い致します。

最後まで、読んで下さりありがとうございます。
Posted by クリス at 2016年09月17日 03:35
度々失礼します。

人間はサルが進化しただけで、脳味噌の奥深くにある本能は変わってない。

依って人間は機械にはなりきれない。

機械が進化しても人間にはなりきれない本能が欠けているから…

霊長類の祖として最高の人間は機械による効率化を図り、機械に近づこうとした…

いや…最高の知能を誇る人が人類を支配しようとした。

人を機械の如く扱い守銭奴として働かせようとした。

金儲けが人生の最高の目的であるかの如く…

人間には…機械では成し得ない喜びがある。

それは、次世代へと繋いで行く人間の尊厳だと思います。

魚山人様のように無料で自分の経験を施し、料理の世界を素人玄人分け隔て無く楽しみを見つけて、実践する意味を人生の目的にできるのが望みです。

お忙しい日常、拙い意見を最後まで読んで下さりありがとうございます。
Posted by クリス at 2016年09月27日 03:13
初めまして魚山人さん。いつもブログ読んでいます。

確かに老化というものは恐ろしいことが多くて、出来ることなら避けたいものですよね…。
新しいものがたくさん出てきて体がついていけてないというのは感じます。

人間の体も複雑ですが便利に出来ていまして排泄というのはとても大事だったりと日ごろ感じます。空腹になれば食事をしたり、呼吸をしたりとたくさんの人の体にとっての異物を取り込んで生きているわけですから排泄をよく行う人ほど健康だったりというのもよく聞きます。人間の体の70%ほどは水分でできていまして、血液がそのほとんどです。この血液も季節ごともしくは1年ごとに献血なりで抜く(排泄する)と新しい血液が作られるんです。これが全身に流れるわけですから出血も悪くなく体にもいいらしいです。

健康を保つのはすごく難しいですがこのような文章読むとつくづく考えさせられてありがたいです。少しでも気遣わないとって思ってしまうとわが身もかわいさが出てきます(笑)
ありがとうございます。
Posted by コアラ君 at 2016年12月26日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。