2017年02月12日

スパムサイトにご注意ください!

お世話になっております。
いつもご訪問くださいまして、ありがとう存じます。

本日は、私どもが運営させて頂いておりますサイト【手前板前】について、皆様方にお知らせさせていただきます。



Google等にて「手前板前」に類したワードで検索をしますと、【マカ比較WEB】というサイトが頻出するという現象が起きております。

この【マカ比較WEB】というサイトは、「手前板前」とはなんの関係もない別サイトです

ご訪問くださいました読者様におかれましては、「手前板前」の関連サイトだとお間違えないよう、くれぐれもご注意なさってください。





なぜこういう現象がおきているのかと言いますと、「手前板前」が以前使用していた【temaeitamae.2-d.jp】というドメインを、上記のサイトが使用しているからです。


数年前に現在の「temaeitamae.jp」というドメインに変更した際、長年使っていた「temaeitamae.2-d.jp」を停止しました。

その際、temaeitamae.2-d.jpへアクセスされた場合「303リダイレクト」にて「temaeitamae.jp」へ転送する設定にしておりました。

そうして一年が過ぎ、もうよかろうと「.2-d.jp」というドメインを「さくらインターネット」に返還したのです。

(2-d.jpは、さくらインターネットを借りた者に無償貸与されるサービスドメインの一つです)


そうしましたらどこかの誰かが、「temaeitamae.2-d.jp」をそっくりそのまま取得して、【マカ比較WEB】というウェブサイトを公開していたという訳です。

「temaeitamae.2-d.jp」は、私どもが返還し、フリーになっていたのですから、この行為は「違法」ではありません。

しかしながら、偶然によって「temaeitamae」と「2-d.jp」のドメインを取得したと考えるのは無理があります。


「temaeitamae.2-d.jp」は、私どもがサイト手前板前を開設した当時から5〜6年使用しており、各所からの「リンク」がかなりあります。

つまりtemaeitamae.2-d.jpへの被リンクを狙った「SEOサイト」だと判断できます。

Google等の検索エンジンに「手前板前だと勘違いさせて訪問者を誘い込むのが目的」だとみてよいでしょう。


現在の状況をみておりますと、Googleは【マカ比較WEB】というサイトにまんまと「騙されている状態」であり、このサイトを運営している人の狙い通り「検索エンジンスパム」が成功していると言えます。

※「手前板前」で検索すると、何の関係もない「マカ比較WEB」が表示されるのはそういう事です



これはどう考えてもスパム行為なのですが、上に書きましたように、temaeitamae.2-d.jpというURLを使用しても「法的には問題ない」ので、違法行為を問うことはできません。


しかしながら、個別ページのURLまで手前板前のページとまったく同じにしているなど、狙いは素人目にも明らかであり、「悪質な確信犯」だと思われます。


Googleを手玉にとっているくらいですから、【マカ比較WEB】を運営している人は「SEOのベテラン」だと思っています。

こういう相手は、正直私どもの手には負えません。
しかし、このまま放置しているつもりもございません。

現在、ネット関連に詳しい弁護士さんと、どういう対応をとるか相談しておるところです。

百歩譲って、上記のサイト管理者に「悪意がなく偶然であった」と仮定しましても、現実に「手前板前」と勘違いして訪問してしまう方々が存在している以上、私どもとしては被害を受けていると判断せざるを得ないからです。

実害を算出するのは大変な作業ですが、弁護士さんの費用等もありますので、【マカ比較WEB】管理者への損害賠償請求になるかも知れませんし、場合によってはスパムサイトにサーバーを貸している「さくらインターネットの責任」も問うかも知れません。

いずれにしましても、法律の専門家の判断を待つところです。




今回の記事の主旨は、読者の皆様に【マカ比較WEB】なるサイトは「手前板前」とまったく何の関係もありませんので、お間違いのないようにご注意くださいという報告です。

以上、ご理解のうえ宜しくお願い申します。


posted by 魚山人 at 12:56 | Comment(0) | 手前 板前 男前 | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。