2017年10月28日

読者投稿の包丁画像〔#92〕

30年物の出刃

投稿者:やまちゃん
職業:会社役員


手前板前様、

いつも参考にさせていただいております、40代会社役員のやまちゃんと申します。

最近更新がないので少し残念ですがお忙しいんでしょうね。

包丁は30年ちょっと前に神田の小川町の交差点にあった菊一文字で鰻屋の板場でアルバイトをしていた時にバイト代をはたいて買ったものです。

#224.jpg

#223.jpg

刃こぼれや切っ先の処理で何度か荒砥を当ててるので形が少しブサイクになってますかね? それでも現役で月1程度で魚を捌いてくれています。

柄が黒ずんできたので漂白剤に漬けてみたのですが時間が長すぎたのかかなりふやけてしまって口金の水牛角も一部溶けてしまったので、これを機に柄の交換をしようと思うんですが、菊一は閉店してしまっているのでどこに持って行けば良いか思案しております。

できましたらご教示いただけましたら幸いです。

寒くなってきておりますので、風邪など召されませぬよう、ご自愛ください。

2017/10/27



投稿包丁トップ

posted by 魚山人 at 10:52 | Comment(4) | 包丁投稿 | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

お疲れ様です。
はじめまして。
包丁柄の交換ですが
自分ゎ近所の市場に入っている包丁店で1度交換しておりますが ぼられました。
お勧めゎ酔心サンですね。
自分も最近blogのコメント欄でお世話になってるのですが 他社の包丁も面倒を観てくれます。白木「朴木」でしたらそんなに価格しないと思います。
尺超えの刺身包丁柄でしたら超お勧めあるんすけどね。
写真見た感じ 良い研ぎ込みですね。
包丁ゎ深いです。趣味の一環にもなり得ます。包丁込でご自愛くださいませ。
Posted by 鯔次郎 at 2017年11月09日 01:51
鯔次郎さん、
こちらのblog存じ上げずコメントをいただいていたのを見落としており失礼いたしました
実は週末に築地に行って老舗で交換してもらったんですがちょっと後悔
綺麗に仕上がったと思ったんですが、帰ってきてよく見ると刃こぼれ発見、戸前で裏押ししようと思ったらうまく当たらず、、少し歪んでました
なんとかこねて当たりましたが酔心さんでお願いしてたらこんなことにならなかったですね
焦って週末行かなきゃよかったです
刺身は池田さんの水本焼尺柳一本です
次はこれを酔心さんでやってもらおうと思います
ありがとうございました
Posted by やまちゃん at 2017年11月15日 23:35

やまちゃんサンお疲れ様です。
水本焼尺柳。でしたら
堺壽次郎で検索してみて下さい。
包丁柄 面白い品ありますよ。
あくまでも誂えと長物販売しかしていない
淡路島の 凄く男気に長けた男のやってる包丁屋です。
ネット上にゎカタログ的なものがありませんが
直で相談可能になってるかと。
自分もその彼に作って頂きました剣型柳を
酔心サンに出して面倒見てもらおうかと思っています。只今返事待ち(笑)
面倒と言っても 酔心サンの研ぎ込みを肌で感じて見たくて。あそこの霞包丁ゎ素晴らしく。鋼の出し方 そして量も。
自分もそろそろ投稿しようかと。包丁。
楽しいですもん。
あ。決してCM的なコメントぢゃねぇっすよ!!
教えて?ッツーから書いた迄で 魚のォヤヂそういうとこ神経質だかんな。別に上場企業を応援してる訳でもなく 「人」が努力してる所を紹介してるだけだかんな!!
どうせシジイゎ海外で何やらやらかしてんぢゃねぇの?(笑)
Posted by 鯔次郎 at 2017年11月19日 23:37
鯔次郎さんお疲れ様です!
堺壽次郎さん拝見しました。
実は柄は朴木派なんですが、あんな芸術品見ちゃうと揺らぎます。
酔心さんは研ぎ師さんなんですね。
尺の柳なんですが1年使っても刃元で2箇所砥石が当たらない部分があったので思い切ってダイヤモンドから研いでみたら鍛冶屋さんに申し訳ない状態になっちゃいました。(白2なんでよく削れてしまって)素人が思い切るとろくなことないですね。
近いうちに酔心さんに治療をお願いしてみようと思います。
Posted by やまちゃん at 2017年11月25日 07:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。